1. タイヤサイトトップ
  2. ADVAN製品一覧
  3. ADVAN dB V552(アドバン・デシベル・ブイゴーゴーニ)レビュー

贅沢なまでの静かさを追求した
ヨコハマタイヤADVAN dB V552を

コンドルタクシー所属の美人すぎるタクシードライバー
生田佳那さんが体験!


プロが体験!ヨコハマタイヤ「ADVAN dB V552」

目次へ戻る

「美人すぎるタクシードライバー」として知られる生田佳那さんは、タレント活動と並行してコンドルタクシーの乗務員として勤務しています。
現在は育児休暇中ではありますが、2014年にタクシードライバーのキャリアをスタートして以来、主に都心部を中心に経験を積んできました。
今回は、プロフェッショナルなドライバーである生田さんに、ヨコハヤタイヤ「ADVAN dB V552」を試していただきました。

ヨコハマタイヤ「ADVAN dB V552」を装着したJPN TAXIに乗った生田さんは、 「とても静かで滑らかですね、タイヤでこんなにもクルマの印象が変わるのかと驚きました。」という第一声が!。

美人すぎるタクシードライバー 生田佳那さんの詳細なインプレッションは、追って紹介させて頂きます。

生田さんのお話を伺うインタビュアーは、フリーランスのライター/編集者として活躍するサトータケシ。自動車を中心に、時計、ファッション、旅行など、ライフスタイル全般を手がけるサトー氏は、生田さんにこれまで何度か取材をしているという旧知の間柄です。
そんな関係値もあって、生田さんはリラックスした様子でヨコハマタイヤ「ADVAN dB V552」をテストドライブしているのが印象的でした。

まずは、今回取材協力をして頂いた、生田さんのようなタレントがタクシー乗務員として所属しているタクシー会社、コンドルタクシーをご紹介します。


業界の風雲児、コンドルタクシーの取り組みとは?

目次へ戻る

「3段階遠距離割引運賃」や「コンドルマイレージ」など、独自のサービスで業容を拡大しているコンドルタクシーは、タクシー業界の風雲児と呼ばれているそうです。同社は既定サービスにとらわれず、独自のサービスを提供するだけでなく、タレントや俳優といったクリエイターの卵がタクシードライバーとして40名ほど在籍していることでも知られています。

4年前に代表取締役社長に就任して以来、様々な施策を陣頭指揮してきた岩田将克氏が、クリエイターの卵をタクシー乗務員として雇用する理由を語ってくれました。
「若い頃は、乗馬のインストラクターとして勤めていました。その時期に時代劇の演技指導などに携わったことから、芸能界の方々との接点が生まれたんです。それが、俳優やミュージシャンを目指す若い人を採用するきっかけです。ただし、“タレント業ではまだ稼げないからバイトでタクシーに乗っている”というニュアンスでとらえてほしくないという気持ちがあります。どちらも本気で取り組んでほしいと思っています。我が社に所属している社員は、タレントでもタクシー乗務員としても本気で取り組む気持ちがある方々が集まってくれています。」「実際、夢を追いかけながらタクシーに乗務する若い社員は集中力もあり、コミュニケーション能力も高いため売上を伸ばしています。」と岩田社長は熱く語ってくれました。単に若いクリエイターを応援しているのではなく、お互いがwin-winの関係になっていることがコンドルタクシーの強みでもあり魅力でもあることがとても印象的でした。

美人すぎるタクシードライバー生田佳那の試乗体験

目次へ戻る

※ヨコハマタイヤ「ADVAN dB V552」装着車両:70th anniversary ラッピングカー

ヨコハマタイヤ「ADVAN dB V552」を装着したJPN TAXIで走り出した生田さん。停止状態から走り出した瞬間、「明らかに違います!」という反応からスタート。
「スイスイと、滑らかに発進するんですね。スピードに乗ってからも路面に吸い付くような走りが印象的です。スムーズに感じる理由のひとつに、とても静かだということがあるんだと思います。この車両はこれまで4年間使っていて、ちょっと音が気になっていたんですが、新車だった頃を思い出させてくれました。」
生田さんが指摘した静粛性には、いくつかの理由があります。まず内側のブロックをできるだけ小さくすることで、地面とタイヤが接する際に発生するノイズを抑えていること。また、溝の配置とショルダーの形状を新設計することで、滑らかな接地形状を実現していること。こうした技術の結果が、生田さんが感激した静粛性とスムーズな乗り心地を実現しているのではないでしょうか。

ハンドルを握る生田さんいわく、
「ここ何年か、タクシーにとってタイヤの静粛性がますます重要になっていると感じています」と語り始めました。「JPN TAXIはハイブリッド車なので、モーターがアシストします。したがっていままでのタクシーよりエンジンが関与する度合いが減って、エンジン音は静かになりました。でも、そうなることで今度はタイヤの音が目立つんです。だからヨコハマタイヤ「ADVAN dB V552」のように静粛性の高いタイヤは、クルマの電動化の時代にマッチしたタイヤだと思いました。」

黒くて丸いタイヤは、一見しただけだと以前と変わらないようにも見えますが、時代の変化とともに、タイヤも進化を続けています。ヨコハマタイヤ「ADVAN dB V552」で言えば、タイヤ全体で衝撃を吸収する形状を追及したことで、美しいプロファイルを獲得し、これが振動の発生を抑え、静粛性を向上させることに寄与しています。

タクシードライバーとして大切にしていること

目次へ戻る

アクセルとブレーキ、そしてハンドルを操作しながら「ADVAN dB V552」の感触を確かめる生田さんは、「このタイヤは、私が乗務員の仕事で大事にしていることをサポートしてくれそうですね。」という感想を口にしました。

「私は、基本的には日中の勤務で、主に恵比寿や青山などの都心部を持ち場にしています。このエリアはお仕事中の方をお乗せする機会が多いんですね。車内で商談や打ち合わせ、または電話をしている方のことを考えると、車内は静かなほうがいいと思っています。パソコンで作業する方は前方を確認できないので、カーブや赤信号をタクシーがどんな動きをするかは予測できません。その点を意識してなるべく穏やかな運転を心がけるようにしています。ヨコハマタイヤ「ADVAN dB V552」は私が日々心掛けている運転にピッタリなタイヤです。静粛性が高く路面に吸い付くように走りをサポートしてくれるヨコハマタイヤを、ぜひタクシーにも装着したいですね。岩田社長にお願いしてみようと思っています。」


ヨコハマタイヤ「ADVAN dB V552」の体験で強く感じたこと

目次へ戻る

ヨコハマタイヤ「ADVAN dB V552」を装着したJPN TAXIを試乗した生田さんは、いまだからこそ、このタイヤにありがたみを強く感じたとおしゃっています。

「いまはコロナ禍でマスクをして乗務しますよね。乗務員は、もともと前を向いてお客様とお話をするので声が通りにくいことはありますが、マスクを着用していることもあって、さらに会話をするのが難しい状況になっています。特にしばらく空車の状態が続いた後でお客様をお乗せしているときに、明瞭な発声が難しかったりします。ヨコハマタイヤ「ADVAN dB V552」のような静粛性の高いタイヤであれば、お客様も乗務員もストレスが減るなと思いました。」
※社内試験データでは、「ADVAN dB V552」は従来品に比べてロードノイズが32%も低減しています。
(詳しくはこちら https://www.y-yokohama.com/product/tire/advan_db_v552/#features_05


今後の活動について

目次へ戻る

1年前に出産をなさった生田さんは、現在はタクシー乗務員の仕事は育児休暇中です。今回、試乗体験の取材を通して、できるだけ早いタイミングで現場に戻りたい気持ちが強くなったと。
「子どもが可愛くて、私が子離れできていない面があります。できることなら、以前と同じように、週に2回から3回はタクシー乗務員のお仕事をしたいです。タレントのお仕事においても、母親になった経験を活かした仕事ができるようになれるといいなと思っています。」

コンドルタクシーの乗務員として、あるいはママ・タレントとしてもう間もなく、以前よりスケールアップした生田佳那さんを街中や各メディアで見かけることができるのではないでしょうか。本日はヨコハマタイヤ「ADVAN dB V552」の試乗体験、ありがとうございました。

協力企業:コンドルタクシー
〒176-0002東京都練馬区桜台3-9-8
http://condor-taxi.co.jp/

再検索する

タイヤサイズから探す

車種から探す
ボディタイプから探す

SUV

ミニバン

スポーツカー

コンパクトカー

セダン・クーペ

軽自動車

ヒストリックカー

バン

あなたにピッタリのタイヤを探す

燃費を良くしたい

雨の日の運転が不安

ハンドリングを良くしたい

SUVにお乗りの方へ

冬道を走る

ランフラットタイヤ