2018.07.01

 1960年代、モータースポーツの始まりと共にサーキットは熱狂に包まれた。エキゾーストノートを響かせ、チェッカーフラッグを目指して駆け抜けるレーシングカーは憧れの存在となり、手に汗を握る攻防に心を踊らされた。’70、’80年代、その興奮は頂点を極め、B110、510、KPGC10、S30、AE86など、サーキットを駆け抜けた名車たちはストリートへと活躍の場所を移し、現在は「ヒストリックカー」としてひとつのジャンルを確立している。 ヨコハマはモータースポーツの黎明期から名車たちの足元を支え続け、1978年のADVAN誕生以来、赤と黒の“ADVANカラー”は、数多くのレースファン、クルマ好きを虜にした。熱狂に包まれたあの時代から数十年を経た今でも大切に乗り継がれる名車たち。記憶の底に鮮烈に焼き付いたトレッドパターンとスキール音…。時代を駆け抜けた名車には相応しいタイヤが必要である。古き良き時代の姿を取り戻す「原点回帰」は、こだわりを持つヒストリックカーファンへのエールなのだ。

more
2018.07.01

 1960年代、モータースポーツの始まりと共にサーキットは熱狂に包まれた。エキゾーストノートを響かせ、チェッカーフラッグを目指して駆け抜けるレーシングカーは憧れの存在となり、手に汗を握る攻防に心を踊らされた。’70、’80年代、その興奮は頂点を極め、B110、510、KPGC10、S30、AE86など、サーキットを駆け抜けた名車たちはストリートへと活躍の場所を移し、現在は「ヒストリックカー」としてひとつのジャンルを確立している。 ヨコハマはモータースポーツの黎明期から名車たちの足元を支え続け、1978年のADVAN誕生以来、赤と黒の“ADVANカラー”は、数多くのレースファン、クルマ好きを虜にした。熱狂に包まれたあの時代から数十年を経た今でも大切に乗り継がれる名車たち。記憶の底に鮮烈に焼き付いたトレッドパターンとスキール音…。時代を駆け抜けた名車には相応しいタイヤが必要である。古き良き時代の姿を取り戻す「原点回帰」は、こだわりを持つヒストリックカーファンへのエールなのだ。