1. タイヤサイトトップ
  2. GEOLANDAR製品一覧
  3. GEOLANDAR M/T G003(ジオランダ―・エムティ・ジーゼロゼロサン)製品特長

GEOLANDAR M/T G003

耐久性・耐摩耗性を追及し
オフロードを堪能したい方へ

パターンナンバー:G003

特に優れた性能
  • 低燃費
  • 静粛性
  • 耐摩耗性
  • 雨の日に強い
  • スタッドレス
  • 乗り心地
  • マッド&スノー
  • ホビー
サイズ
  • 24inch
  • 23inch
  • 22inch
  • 21inch
  • 20inch
  • 19inch
  • 18inch
  • 17inch
  • 16inch
  • 15inch
  • 14inch
  • 13inch
  • 12inch
  • 11inch
  • 10inch
対応ボディタイプ
  • 軽自動車
  • ミニバン
  • セダン・クーペ
  • スポーツカー
  • コンパクトカー
  • SUV

アグレッシブに大地へ挑む。道なき道を駆け抜ける。

目次へ戻る

多くの新技術を投入し、かつてない領域まで耐久性・耐摩耗性を追求。オフロード性能をさらに研ぎ澄ませた、ジオランダー M/T G003。

[POINT1]より進化したオフロード性能

あらゆるフィールドを愉しみ尽くす、新時代のパフォーマンスへ。砂漠、岩石路面、粘土質のマッド路面。地球上には多様な地形が存在する。それらの路面でのオフロード性能を、さらに向上させた。

[POINT2]卓越したロングライフ性能

ブロックパターンであるマッドテレーンは一般的に摩耗が早い。また過酷なオフロードは、サイドカット等のアクシデントが発生しやすい。それらに対応し、耐摩耗性・耐サイドカット性をより高めている。

[POINT3]静粛性にも、しっかり配慮

オフロードユーザーであっても、一般道を走行する機会は多い。ジオランダー M/T G003はさらなる強大なパワーを身につけながらも、従来品で好評だったパターンノイズ性能の悪化は、最小限に抑えている。

地球を走破するタイヤ。ジオランダーのフラッグシップ。

目次へ戻る

マッドテレーンは、過酷なレースシーンにも耐えうる高性能を求められるもの。
ジオランダーは1996年の誕生以来、北米でのデザートレースやアジアでのクロスカントリーラリーなど世界で数多くのレースへ参戦を続けています。
それらのレースで得られたデータをタイヤ開発にフィードバックすることで、ジオランダー M/T G003は誕生しました。
ヨコハマが誇るオフロードタイヤ・ラインアップの、新たなフラッグシップとなります。

SCOREバハ1000(2016年)塙郁夫選手車両

アジアクロスカントリーラリー(2016年)能戸知徳選手車両

アジアクロスカントリーラリー(2016年)青木拓磨選手車両

あらゆる道を極めていく、オフロード・スペシャリストへ。

目次へ戻る

こだわりのあるオーナー様へおすすめ。

  • オフロードレースに参戦される方へ
  • 四駆車をスタイリッシュにカスタマイズしたい方へ
  • レジャーなどでオフロードを走行される方へ

岩も、砂も、泥も蹴散らす。パワフルに軌跡を刻む。

目次へ戻る

タイヤサイドを厚くビルドアップし、トレッドパターンも一新。その逞しいスタイルは、ドライバーに優越と冒険心を抱かせる。

①MUD & STONE EJECTOR
マッド&ストーン・エジェクター

ロック路面などでの溝底へのダメージを緩和するとともに、マッド路面での排土性も高めている。

②SEQUENTIAL SIPE
シーケンシャル・サイプ

踏み固められた硬い土やウェット路面で優れたエッジ効果を発揮。トラクション性を向上させる。

③LARGE MESH LUG GROOVE
ラージメッシュ・ラググルーブ

トレッド全体に刻んだラググルーブが、マッド、ロック路面でトラクション性能と排土性を高めながらノイズも抑制する。

④AGGRESSIVE SIDE BLOCK
アグレッシブサイドブロック

タイヤサイド上部に設けたブロックにより、耐カット性を向上。さらに深いマッド路面でのトラクションにも効果を発揮。

⑤BOLD DESIGN CONCEPT
ボールドデザインコンセプト

トレッドからショルダーブロックまで一貫性のあるデザイン。SUV、ピックアップにさらなるオフロード感を演出する。

RAISED BLACK LETTER
レイズドブラックレター

浮き彫りになったスタイリッシュなブランドロゴ。力強いレタリングが、見る者の闘志をかき立てる。

さらに全方位の性能進化へ。力強さが、余裕を生む。

目次へ戻る

頑強なボディを手に入れたジオランダー M/T G003。高い信頼性が、自信に満ちあふれた走りを可能にする。

苛酷なレースの経験から創り上げた、リアルオフローダー構造。

たとえば、泥の中の突然の岩や、視界を遮るほどに茂る木々、ジャングルでの低層樹木…。
オフロード路面では、思いもかけない多様なシーンに遭遇します。それらの困難な状況へもしなやかに対応するために、ジオランダー M/T G003はオフロード路面でのトラクション性能だけでなく、タイヤの耐久性を徹底して追求。過酷なレースの経験をフィードバックし、より高耐久なリアルオフローダー構造を完成させました。

①ジオランダー M/T G003専用サイド構造

タイヤサイドのゴムを従来よりさらに厚くビルドアップ。操縦安定性を高めるとともに、耐サイドカット性も向上。

②高剛性3プライ構造

ロードレンジEサイズ及び一部のロードレンジDサイズには3プライ構造を採用。ケース剛性を高め、優れた操縦安定性、耐サイドカット性を生む。

③ナイロンフルカバー

ベルト上部にナイロンのフルカバー構造を採用。トレッド溝底へのダメージがベルトに達するのを防ぎ、耐久性を向上。

④大型リムプロテクター

大型化したリムプロテクターを採用。ホイールを保護するとともに、タイヤとリムの間への泥の入り込みも抑制。

新トリプルポリマー採用。コンパウンドが耐摩耗性と耐久性を向上。

より優れたオフロード性能のために最適なバランスを追求し、新コンパウンドを開発。手応えあるしっかり感を備え、優れた操縦安定性、耐摩耗性を発揮します。また、オフロード走行時に気になるトレッド部の損傷も抑制します。

接地幅を拡大して優れたトラクション性と耐偏摩耗性を実現。

接地幅を可能な限りワイドに仕上げた接地形状。オフロード路面でのトラクション性能を大幅に高めるとともに、耐偏摩耗性の向上にも貢献します。

ピッチ・バリエーションの最適化により、快適性に配慮。

トレッドパターンをよりアグレッシブに進化させながら、快適性にも配慮しました。パターンのピッチ配列を最適化してノイズのピークを分散させることにより、ノイズの悪化を抑えています。

ピッチが分散しており、ノイズのピークが低いので、パターンノイズに有利なピッチバリエーションとなっている。

パワーを余さず解放する生粋のマッドテレーン。

目次へ戻る

その全身は、強大なパワーを身につけただけにとどまらない。長年にわたり培われた独自のテクノロジーが、ここに結集。

Q1 純正のタイヤよりも外径の大きいタイヤを装着する場合、空気圧はどのように設定したらよいのですか?

ジオランダー M/T G003はLT規格のサイズを多く保有しており、通常のPC規格のサイズとは空気圧-負荷荷重の設定が異なります。
そのため、空気圧設定については購入した販売店に確認をお願い致します。

Q2 M/Tタイヤは雪や氷の路面でも使用できるのですか?

ジオランダー M/T G003はM+S規格となり、海外地域でのスノー路面での走行にも配慮したタイヤです。
しかし日本国内では凍結路面等が多くみられ、海外での使用とは条件が異なるため、日本の冬季使用にはスタッドレスタイヤをおすすめします。

Q3 サイドデザインが出ているけど車検は大丈夫ですか?

ジオランダー M/T G003はカスタムサイズを多く保有しており、そのマッチングは車両、サイズ別に異なります。詳しくは個別に販売店へ確認をお願い致します。

性能データ

DRY操縦安定性

●DRY操縦安定性(レーンチェンジ、ヨーレート)〈試験方法〉当社テストコースにてISO3888-1に定められているコースをパイロンで作成して操舵角、ヨーをセンサーにて計測。各タイヤ5回計測を行い、最大、最小を除く3回で平均値を算出。〈試験条件〉タイヤサイズ:LT265/70R17 G001C、G003、リムサイズ:17x7,5J、空気圧:220kPa、荷重:2名乗車相当、車両:ランドクルーザープラド(CBA-TRJ150W,2.69L,4輪駆動)、速度:95km/h〈試験結果〉ヨーレートピーク値:G001C「100」、G003「125」、操舵角ピーク値:G001C「100」、G003「122」●摩耗性能〈試験方法〉一般道で設定したコースを12216km走行した際の摩耗量から算出した調和平均推定寿命にて比較、Dry比率 82.1%、Wet比率17.9%〈試験条件〉タイヤサイズ:LT265/70R17 G001C、G003、リムサイズ:17×7.5J、空気圧:220kPa、荷重:2名乗車相当、車両:ランドクルーザープラド(CBA-TRJ150W,2.69L,4輪駆動)、ローテーションなし、車両、ドライバーが走行距離の半分となるようにタイヤ交換を実施。〈試験結果〉推定摩耗寿命:G001C「62374km」、G003「88467km」●加速タイム(グラベル路面)〈試験方法〉当社オフロードテストコースにてグラベル路面にてGPS付計測器装着による5~30km/hまでの加速試験を実施。各タイヤ7回計測を行い、最大、最小を除いた平均値を算出。〈試験条件〉タイヤサイズ:LT265/70R17 G001C、G003、リムサイズ:17x7,5J、空気圧:350kPa、荷重:2名乗車相当、車両:パジェロスポーツ(KH8WGRMZRU,3.2L後輪駆動〈試験結果〉G001C「100」、G003「102」※タイヤの表示に関する公正競争規約に定められた試験方法で試験を行っています。詳細なデータはタイヤ公正取引協議会に届け出ています。試験結果はあくまでもテスト値であり、運転の仕方によっては異なります。

搭載テクノロジー一覧

再検索する

タイヤサイズから探す

車種から探す

ボディタイプから探す

SUV

ミニバン

スポーツカー

コンパクトカー

セダン・クーペ

軽自動車

その他

あなたにピッタリのタイヤを探す

燃費を良くしたい

雨の日の運転が不安

SUVにお乗りの方へ

冬道を走る

ランフラットタイヤ