ニュースリリース

横浜ゴム、2021年モータースポーツ活動計画

2021年03月10日

  • モータースポーツ関連

横浜ゴム(株)は2021年のモータースポーツ活動計画を発表しました。当社は中期経営計画「Yokohama Transformation 2023(YX2023)」(ヨコハマ・トランスフォーメーション・ニーゼロニーサン)のタイヤ消費財戦略において、高付加価値商品の主力であるグローバルフラッグシップタイヤブランド「ADVAN(アドバン)」、SUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「GEOLANDAR(ジオランダー)」、「ウィンタータイヤ」の販売構成比率最大化を掲げています。その中で、モータースポーツ活動を技術開発および「ADVAN」「GEOLANDAR」ブランド強化の場と位置付け、 トップカテゴリーからグラスルーツカテゴリーまで国内外の多岐にわたるモータースポーツ競技に参戦していきます。なお、イベントレポートやリザルトは、横浜ゴムのモータースポーツサイトやモータースポーツ専用の公式SNSでも情報を発信していきます。主な活動計画は以下の通りです。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

GT・ツーリングカーレース

<SUPER GT>

「SUPER GT」はメーカーのワークス勢が主力となるGT500と個性的なチームが競い合うGT300の2つのクラスで争われます。GT500は独自の規則に則った車両が参戦。一方、GT300は自動車メーカーが製造販売する国際規格のFIA GT3マシンと日本独自のJAF-GT車両ならびにマザーシャシーが混在し、国内外のバラエティ豊かな車種が競い合います。2020年はKONDO RACINGの「リアライズ 日産自動車大学校 GT-R(藤波清斗選手/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手)」がGT300クラスのシリーズチャンピオンを獲得しました。2021年はGT500では2チームをサポートし、GT300においても19台にタイヤを供給してヨコハマタイヤユーザーを支えていきます。2021年は国内での全8大会の開催が予定されています。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

「SUPER GT(GT500)」KONDO RACINGの「リアライズコーポレーション ADVAN GT-R」※

「SUPER GT(GT500)」KONDO RACINGの「リアライズコーポレーション ADVAN GT-R」※

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

「SUPER GT(GT500)」TGR TEAM WedsSport BANDOHの「WedsSport ADVAN GR Supra」※

「SUPER GT(GT500)」TGR TEAM WedsSport BANDOHの「WedsSport ADVAN GR Supra」※

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

「SUPER GT(GT300)」KONDO RACINGの「リアライズ日産自動車大学校 GT-R」※

「SUPER GT(GT300)」KONDO RACINGの「リアライズ日産自動車大学校 GT-R」※

※写真は2021 SUPER GT公式テスト 岡山のものです。

<ニュルブルクリンク24時間耐久レース>

2021年はBMWカスタマーチーム「Walkenhorst Motorsport」とパートナーシップ契約を締結し、「第49回ニュルブルクリンク24時間耐久レース(ADAC TOTAL 24h-Rennen)」と「ニュルブルクリンク耐久シリーズ(NLS)」全9戦において3台のBMWのGT3にタイヤを供給します。供給タイヤはドライ用の「ADVAN A005」とウェット用の「ADVAN A006」。2020年は「ニュルブルクリンク耐久シリーズ(NLS)」に参戦した34号車「BMW M6 GT3」が 最高峰クラスであるSP9 Proクラスのクラスチャンピオンを獲得しました。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

2020年のNLSでクラスチャンピオンを獲得した「Walkenhorst Motorsport」の「BMW M6 GT3」

2020年のNLSでクラスチャンピオンを獲得した「Walkenhorst Motorsport」の「BMW M6 GT3」

<TCRリージョナル選手権・ナショナル選手権>

世界各国にて行われているTCRリージョナル選手権やナショナル選手権にADVANレーシングタイヤをワンメイク供給します。「TCR ジャパンシリーズ」をはじめ、海外でも「TCR Scandinavia」、「TCR Denmark」、「TCR Germany」、「TCR Russia」にもタイヤを供給します。供給タイヤはドライ用の「ADVAN A005」とウェット用の「ADVAN A006」。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

「TCRジャパンシリーズ」(2020年)

「TCRジャパンシリーズ」(2020年)

<その他GT・ツーリングカーレース>

北米では2021年より新たに「Porsche Sprint Challenge North America by Yokohama」および「Yokohama Drivers Cup USA」にタイヤを供給するほか、日本で行われる「インタープロトシリーズ」など世界各地のレースにADVANレーシングタイヤをワンメイク供給します。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

「Porsche Sprint Challenge North America by Yokohama」に参戦する「Porsche 911 GT3 Cup」

「Porsche Sprint Challenge North America by Yokohama」に参戦する「Porsche 911 GT3 Cup」

フォーミュラレース

<全日本スーパーフォーミュラ選手権>

2016年からワンメイク供給を開始した「全日本スーパーフォーミュラ選手権」では2021年もADVANレーシングタイヤを継続供給します。供給タイヤはドライ用の「ADVAN A005」とウェット用の「ADVAN A006」。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

「全日本スーパーフォーミュラ選手権」(2020年)

「全日本スーパーフォーミュラ選手権」(2020年)

<全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権>

「全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権」に、ADVANレーシングタイヤをワンメイク供給します。同シリーズはこれまで「全日本F3選手権」が果たしてきた“トップドライバーへの登竜門”としての役割を継承し、2020年より新たにスタートしたシリーズです。昨年に続き、供給するタイヤはドライ用の「ADVAN A005」とウェット用の「ADVAN A006」。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

「全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権」(2020年)

「全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権」(2020年)

<Super-FJ>

JAFの地方選手権として、東北から九州までの主要サーキットにて地方選手権シリーズが設定され、激戦を繰り広げる「Super-FJ」にADVANレーシングタイヤをワンメイクにて継続供給します。

ラリー

<全日本ラリー選手権>

2021年は全10戦※で競われる「全日本ラリー選手権」。ターマック(舗装路)では「ADVAN A08B」および「ADVAN A052」、グラベル(未舗装路)では「ADVAN A053」を中心としたラインアップでユーザーの走りを支えます。2020年は、最高峰クラスとなるJN-1で新井大輝選手/小坂典嵩選手がシリーズチャンピオンを獲得。また、JN-6 において明治慎太郎選手/里中謙太選手、JN-4 において小藤桂一選手がシリーズチャンピオンを獲得しました。2021年も多くのクラスでチャンピオン獲得を狙います。なお、奴田原文雄選手/東駿吾選手と山本悠太選手/立久井和子選手は車両が「TOYOTA GR YARIS」に、柳澤宏至選手/保井隆宏選手は「ŠKODA FABIA R5」となります。
※第1戦は開催中止

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

JN-1クラスシリーズチャンピオンを獲得した新井大輝選手/小坂典嵩選手の「ADVAN KYB AMS WRX」(2020年)

JN-1クラスシリーズチャンピオンを獲得した新井大輝選手/小坂典嵩選手の「ADVAN KYB AMS WRX」(2020年)

スピード競技

<全日本ジムカーナ選手権>

「ADVAN A08B」「ADVAN A052」「ADVAN A050」の高性能を武器に、多くのクラスでチャンピオン獲得を目指します。2020年はPN-1、SA・SAX-1の計2クラスでヨコハマタイヤユーザーがシリーズチャンピオンを獲得しました。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

PN-1クラスシリーズチャンピオンを獲得した斉藤邦夫選手の「ADVAN08Bロードスター」(2020年)

PN-1クラスシリーズチャンピオンを獲得した斉藤邦夫選手の「ADVAN08Bロードスター」(2020年)

<全日本ダートトライアル選手権>

「ADVAN A053」をはじめ、軟質路面用「ADVAN A031」や超硬質路面用「ADVAN A036」など幅広い路面に対応したタイヤラインアップを武器に、多くのクラスでチャンピオンの獲得を目指します。2020年はPN-2、SA・SAX-1、SA・SAX-2、SC-2の計4クラスでヨコハマタイヤユーザーがシリーズチャンピオンを獲得しました。また、宝田ケンシロー選手は「TOYOTA GR YARIS」に車両を変更し、JD6クラスに参戦します。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

JD6クラスに参戦する宝田ケンシロー選手の「ADVANオクヤマGRヤリス」

JD6クラスに参戦する宝田ケンシロー選手の「ADVANオクヤマGRヤリス」

<ヨコハマ・モータースポーツ・スカラシップ>

横浜ゴムはモータースポーツ振興促進活動の一環として国内のラリー、ジムカーナ、ダートトライアル競技参加者を支援する「ヨコハマ・モータースポーツ・スカラシップ2021」を実施しています。受付期間は2021年4月30日 (当日消印有効)まで。同制度は登録したヨコハマタイヤユーザーを支援する制度です。対象競技などスカラシップの詳しい内容は専用サイトに掲載しています。

ヨコハマ・モータースポーツ・スカラシップ2021 専用サイト:https://www.y-yokohama.com/cp/motorsports/scholarship/

参加型モータースポーツ

「TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race」、「TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジ」、「N-ONE OWNER‘S CUP」や、各地のサーキットにて開催されるレースにタイヤを供給します。

オフロードレース

SUV、ピックアップ向けタイヤブランド「GEOLANDAR(ジオランダー)」を擁し、北米、オセアニアでのデザートレースや東南アジアなどの海外で開催されるオフロードレースに参戦します。2020年は北米最大級のオフロードレース「Best In The Desert 2020」の最終レースである「BlueWater Desert Challenge」で「GEOLANDAR M/T G003」の市販タイヤをベースにレース向けに強化されたタイヤを装着したJustin Lofton(ジャスティン・ロフトン)選手が総合優勝しました。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

「BlueWater Desert Challenge」で総合優勝したJustin Lofton選手の参戦車両(2020年)

「BlueWater Desert Challenge」で総合優勝したJustin Lofton選手の参戦車両(2020年)

その他レース

<ヒルクライム>

米国・コロラド州で開催される「Pikes Peak International Hill Climb」に参戦し、多くのクラスでの優勝および総合連覇を目指します。2020年は「ADVAN A005」を装着したClint Vahsholtz(クリント・ヴァーショルツ)選手が駆る「2013 Ford Open」が総合優勝を獲得しました。また、「Porsche Cayman GT4 Clubsport」により競われる「Porsche Pikes Peak Trophy by Yokohama」へのワンメイク供給を継続し、ストリートスポーツタイヤ「ADVAN A052」を供給します。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

総合優勝したClint Vahsholtz選手の「2013 Ford Open」(2020年)

総合優勝したClint Vahsholtz選手の「2013 Ford Open」(2020年)

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

「Porsche Pikes Peak Trophy by Yokohama」に参戦した「Porsche Cayman GT4 Clubsport」(2020年)

「Porsche Pikes Peak Trophy by Yokohama」に参戦した「Porsche Cayman GT4 Clubsport」(2020年)

<カートレース>

国内カートレースの頂点に位置する「全日本カート選手権」の最高峰クラスであるOK部門に参戦し、ヨコハマタイヤユーザーのチームやドライバーとともに勝利を目指します。また、「ジュニアカート選手権」では2020年に引き続き、FP-ジュニアCadets部門をサポート。Cadets部門向けドライ用タイヤ「ADVAN SLJ(名称:ADJ)」をワンメイク供給します。海外でも「アジア・カーティング・オープン選手権」へのワンメイク供給を継続。またフィリピンなどのサーキットレースに向けて幅広くタイヤを供給します。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

全日本カート選手権OK部門に参戦したCroc Promotionの三村壮太郎選手(2020年)

全日本カート選手権OK部門に参戦したCroc Promotionの三村壮太郎選手(2020年)