ニュースリリース

横浜ゴム、タイ天然ゴム公社と共同で天然ゴム農家を支援、品質向上に向けたセミナーイベントを実施

2020年12月25日

  • 経営関連
  • CSR・環境関連

横浜ゴム(株)は12月、タイ天然ゴム公社(Rubber Authority of Thailand:RAOT)※スラタニ支局と共同で、タイの天然ゴム農家に対し、天然ゴムの品質および生産性向上に向けたセミナーイベントを開催しました。当日はスラタニ地区の農家50名に参加いただき、タイ天然ゴム公社の知見を活かした肥料を1農家あたり500kg無償提供し、参加者から好評いただきました。

横浜ゴムは1月、当社の「持続可能な天然ゴムの調達方針」に基づき、タイ天然ゴム公社と天然ゴム農家の経営支援およびサプライチェーンの透明性と健全性を確保するためのトレーサビリティの向上に協力していく覚書を締結しました。今回のセミナーイベントは本覚書に基づき、農家支援の一環として開催しています。また、先んじて2019年6月より天然ゴム農家の持つ課題を分析するため、当社の天然ゴム加工会社のY.T. Rubber Co., Ltd.(ワイ・ティー・ラバー)が立地するスラタニ地区で本覚書に基づいた訪問調査を開始しています。今回のイベントで肥料を提供した農家へは今後、天然ゴム物性や生産性についての追跡調査に協力いただく予定です。

横浜ゴムグループは、持続可能な天然ゴムのためのプラットフォーム(Global Platform for Sustainable Natural Rubber:GPSNR)に創設メンバーとして参画するとともに、独自に策定した「持続可能な天然ゴムの調達方針」に沿って、サプライチェーンをはじめとしたステークホルダーの皆様と連携した取り組みを積極的に推進してまいりました。また、国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に取り組んでおり、その一環として天然ゴムをはじめとしたサステナブルな原料調達に向けた活動を推進し、天然ゴムサプライヤーを対象とした交流会なども実施しています。天然ゴムの自社加工工場のあるタイでは、現地の大学と天然ゴムの品質や生産性の向上に寄与する共同研究を進めているほか、天然ゴム農家の安定収入を支援する「アグロフォレストリー」の普及推進なども行っています。

※:タイ農業・協同組合省(Ministry of Agriculture and Cooperatives: MOAC)管轄下の組織。

セミナーイベントに参加した天然ゴム農家の方々と当社グループスタッフ

セミナーイベントに参加した天然ゴム農家の方々と当社グループスタッフ