ニュースリリース

横浜ゴム、ADVANタイヤ装着車がJAF全日本ジムカーナ選手権の2クラスでシリーズチャンピオンを獲得

2020年11月10日

  • モータースポーツ関連

横浜ゴム(株)のADVANタイヤ装着車が「JAF全日本ジムカーナ選手権」において2つのクラスで2020 年シリーズチャンピオンを獲得※しました。

チャンピオンを獲得したのは、PN-1クラスの斉藤邦夫選手(ADVAN08Bロードスター)とSA・SAX-1クラスの小武拓矢選手(シンシアYHワコーズCRX艶々)。斉藤選手は全4戦中、優勝1回、2位1回、3位1回とシーズンを通して安定した成績を収め2年ぶりにチャンピオンを奪還しました。小武選手は最終戦で今シーズン2勝目を飾り、それまでのクラス3位から逆転して初の全日本選手権タイトルを獲得しました。なお、最終戦ではPN-1、PN-3、SA・SAX-1、SA・SAX-2、SCの計5クラスでヨコハマタイヤ勢が優勝し、有終の美を飾りました。

今年の「JAF全日本ジムカーナ選手権」は新型コロナウイルスの影響で計4戦が中止となり、11月7日から8日にイオックスアローザスポーツランド(富山県)で開催された最終戦を含む全4戦で競われました。横浜ゴムはジムカーナ競技向けタイヤである「ADVAN A08B SPEC G」、ジムカーナやサーキットでの様々な路面状況に対応する「ADVAN A050」で勝利を足元から支えました。

横浜ゴムは中期経営計画「グランドデザイン2020(GD2020)」の技術戦略において、モータースポーツ活動を重要な先行技術開発の場と位置付け、トップカテゴリーからグラスルーツカテゴリーまで国内外の多岐にわたるモータースポーツ競技に参戦しています。「JAF全日本ジムカーナ選手権」でも多数のマシンがヨコハマタイヤを装着しています。今後もモータースポーツ活動に積極的に取り組み、最高レベルの技術を追求していきます。

※シリーズランキングは、後日発表されるJAF(日本自動車連盟)による認定で最終決定となります。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

PN-1クラスでシリーズチャンピオンを獲得した「ADVAN08Bロードスター」

PN-1クラスでシリーズチャンピオンを獲得した「ADVAN08Bロードスター」

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

SA・SAX-1クラスでシリーズチャンピオンを獲得した「シンシアYHワコーズCRX艶々」

SA・SAX-1クラスでシリーズチャンピオンを獲得した「シンシアYHワコーズCRX艶々」

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

斉藤邦夫選手(左)と小武拓矢選手

斉藤邦夫選手(左)と小武拓矢選手