ニュースリリース

横浜ゴムのADVANレーシングタイヤ装着車が米国の過酷なヒルクライムレース「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」で総合優勝

2020年09月03日

  • モータースポーツ関連

横浜ゴム(株)のADVANレーシングタイヤ装着車が2020年8月30日に米国・コロラド州で開催された「第98回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」にて総合優勝しました。総合優勝したのはオープンホイール部門に出場したClint Vahsholtz(クリント・ヴァーショルツ)選手が駆る「2013 Ford Open」で、9分35秒490を記録し同部門のコースレコードも更新しました。装着タイヤは「ADVAN A005」で、勝利を足元から支えました。

今回、Clint Vahsholtz選手は29回目の出場で初の総合優勝を飾りました。「ADVAN A005」について「ADVAN A005は刻々と変化する山のコンディションの中で攻めのレースを展開する自信を与えてくれた。2021年に2連覇を目指すときもヨコハマタイヤを履くだろう」とコメントしました。ADVANレーシングタイヤ装着車はそのほかにも、アンリミテッド部門で2位、オープンホイール部門で3位、パイクスピークオープン部門で3位を獲得しました。また、「ポルシェ ケイマン GT4 クラブスポーツ」により競われる「ポルシェ パイクスピークトロフィー by YOKOHAMA」にストリートスポーツタイヤ「ADVAN A052」をワンメイク供給しレース全体の振興に貢献しました。

「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」は1916年から開催されている伝統あるヒルクライムレースです。別名「雲へ向かうレース」と呼ばれ、標高2,862mのスタート地点から標高4,300m にあるゴールまでの約20kmのコースにて競われます。これまでヨコハマタイヤ装着車は電気自動車でも参戦しており、2010年から3年連続で電気自動車の最高タイムを記録しクラス優勝を果たしています。

横浜ゴムは中期経営計画「グランドデザイン2020(GD2020)」の技術戦略においてモータースポーツ活動を重要な先行技術開発の場と位置付け、フォーミュラやツーリングカーからラリーやオフロード、カートまで国内外の多岐にわたるレースに参戦しています。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

総合優勝を獲得したClint Vahsholtz選手の「2013 Ford Open」

総合優勝を獲得したClint Vahsholtz選手の「2013 Ford Open」