ニュースリリース

横浜ゴム、特定化学物質非該当のウレタン塗膜防水材「U-8000SF」を新発売

横浜ゴム(株)は、ビルやマンションの防水用途に使われるウレタン塗膜防水シリーズ「アーバンルーフ」の新製品として2成分形ウレタン塗膜防水材「U-8000SF」を12月に発売する。同製品は国が指定する特定化学物質(特化物)の非該当品となるため、特化物の使用に際して必要な安全管理業務の軽減が図れるほか、施工現場における作業者の安全性向上に貢献する。

2成分形ウレタン塗膜防水材には通常、主剤にTDI(トリレンジイソシアネート)、硬化剤にMOCA(3,3-ジクロロ-4,4-ジアミノジフェニルメタン)といった特化物が使用される。特化物は人体への有害性が高いとして、厚生労働省が「特定化学物質障害予防規則(特化則)」ガイドラインを作成しており、使用現場への関係者以外立ち入り禁止、作業主任者を選定し労働者の指揮や装置の点検などにあたらせることなど、多くの法規制を定めている。

横浜ゴムは「U-8000SF」の開発にあたり、TDIについては使用比率を特化物非該当となる1%未満、MOCAについては不使用とした。主剤と硬化剤の質量配合比が1:1で、一般的な2成分形ウレタン塗膜防水材の配合比(1:2)より主剤の割合が高く、主剤の主成分であるポリマーを多く含むことから耐久性に優れる。また、ウレタン塗膜防水材は比重が1.3(1リットル当たりの重さが1.3kg)などが主流だが、横浜ゴムの独自技術によりこれを1.0に低減しており、建物の軽量化に寄与する。

ウレタン塗膜防水工法は液状のウレタン樹脂を塗布し硬化させて防水層を形成する。防水性能を持つシートを用いるアスファルト防水工法やシート防水工法などに比べ、複雑な形状の下地でも施工できる、継ぎ目のないシームレスな仕上がりで美観に優れる、経年劣化し改修工事が必要になっても簡単な重ね塗りで済む場合もあるなど様々なメリットを有しており、近年の建物防水工事において需要が拡大している。


※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
「U-8000SF」の荷姿

「U-8000SF」の荷姿