ダブルタイヤから
ウルトラワイドベースタイヤへ

耐摩耗性能や操縦安定性能に優れ、積載量増加や操縦安定性の向上、省メンテナンスを実現。新たなスタンダードタイヤ。


902L

オールシーズン ウルトラワイドベースタイヤ

  • TRUCK
  • TRACTOR
  • TRAILER
  • DUMP TRUCK

ウルトラワイドベースタイヤは、トラックに装着される複輪(2本1組)を単輪(1本)に置き換えることができる超偏平シングルタイヤ。単輪への置き換えにより、タイヤ組み換え・日常点検などの省メンテナンス化や、1軸当たり約85kgの軽量化※1が可能となることから、例えば後輪2軸の大型トラックでは、約170kg※2の積載量を増加させることが可能となります。

※1:(11R22.5の当社トラック・バス用タイヤ「710R」+鉄ホイール)×2本に対し(455/55R22.5の「902L」+アルミホイール)×1本の場合
※2:1軸当たりの軽量化できる重さ約85kg×2軸=約170kg

902L 専用トレッドパターン

①小ピッチブロック

ブロック端部のエッジ効果でトラクション性能に貢献

②スプリットクローズドサイプ

クローズドサイプでブロック剛性を維持し、エッジ効果によるトラクション性能に貢献

③ウェーブドグルーブ

溝壁角度を変化させ、ブロックの倒れこみを抑制させることで発熱を抑制=転がり抵抗低減=燃費に貢献

④7本溝パターン

優れた排水性に配慮。加えて溝端部のエッジ効果により、横方向の安定性を確保
#

902L装着メリット 積載量増加

複輪を単輪に置換

1軸あたり約85kg(後輪2軸の場合の約170kg)軽量化し積載量を増加させることが可能。


(11R22.5+アルミホイール)×2本⇒▲32.3kg(1軸:▲64.6kg)
(11R22.5+鉄ホイール)×2本 ⇒▲42.6kg(1軸:▲85.2kg)

#

重量試算
11R22.5のタイヤ710R(ホイール22.5×7.50)
455/55R22.5のタイヤ902L
(ホイール22.5×14.00)

採用技術「SpiraLoopR(スパイラループ)」

ヨコハマ独自のベルト構造により、タイヤの走行による外径方向への成長を抑制。
優れた耐久性を確保しながら、偏摩耗の発生を効果的に抑制し、タイヤの寿命を伸ばすことを可能とする技術。
#

走行によるタイヤ接地形状の変化

当社従来のベルト構造

ショルダー部が成長し、接地形状が悪化する #

SpiraLoopR構造

接地形状がほとんど変わらずショルダー摩耗を抑制 #

inch

タイヤサイズ

PR/LI

仕様

TRAコード

商品コード

タイプ

タイヤ外径
(mm)

タイヤ総幅
(mm)

溝深さ
(mm)

重量
(kg)

22.5

455/55R22.5

164L

B4985

T/L

1078

T/Tはチューブタイプ、T/Lはチューブレスタイプです。