ニュースリリース

横浜ゴムのサポートチームがニュルブルクリンク耐久シリーズ第6戦で総合優勝

2021年07月14日

  • モータースポーツ関連

横浜ゴム(株)のグローバルフラッグシップタイヤブランド「ADVAN」を装着したドイツのBMWカスタマーチーム「Walkenhorst Motorsport」が2021年7月11日に開催された「ニュルブルクリンク耐久シリーズ(NLS)」の第6戦「第44回RCM DMV Grenzlandrennen」で総合優勝しました。装着タイヤは「ADVAN A005(ドライ用)」。

総合優勝したのは最高峰クラスであるSP9 Proクラスに参戦したChristian Krognes選手、David Pittard選手、Ben Tuck選手の駆る「BMW M6 GT3」。同日午前中に行われた予選ではChristian Krognes選手が7分51秒807の「NLS」のラップレコードを記録しポールポジションを獲得。決勝レースでは3選手ともに力強い攻めの走りでポール・トゥ・ウィンを達成し、「Walkenhorst Motorsport」にとって今季初となる栄冠を掴みました。なお、当社は「Walkenhorst Motorsport」とパートナーシップ契約を締結しており、「NLS」では今回の優勝車両を含む3台の「BMW M6 GT3」やSP10クラスに参戦する「BMW M4 GT4」にタイヤを供給しています。

「NLS」は世界一過酷なコースと言われるニュルブルクリンクの北コースとグランプリコースで開催される世界最大のグラスルーツレースシリーズ。約170台が参戦し、3月から10月までの計9戦で競われます。
※3月の開幕戦は降雪のため中止

横浜ゴムは2021年度から2023年度までの新中期経営計画「Yokohama Transformation 2023(YX2023)」(ヨコハマ・トランスフォーメーション・ニーゼロニーサン)のタイヤ消費財事業において高付加価値商品の主力であるグローバルフラッグシップタイヤブランド「ADVAN」、SUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「GEOLANDAR」、そして「ウィンタータイヤ」の販売構成比率最大化を掲げています。その中で、モータースポーツ活動を技術開発および「ADVAN」「GEOLANDAR」ブランド強化の場と位置付け、トップカテゴリーからグラスルーツカテゴリーまで国内外の多岐にわたるモータースポーツ競技に参戦しています。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

「NLS」シリーズ第6戦で総合優勝した「BMW M6 GT3」

「NLS」シリーズ第6戦で総合優勝した「BMW M6 GT3」

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

左からドライバーのBen Tuck選手、Christian Krognes選手、David Pittard選手

左からドライバーのBen Tuck選手、Christian Krognes選手、David Pittard選手