【SUPER GT 第3戦 / 鈴鹿サーキット】

WedsSport ADVAN GR Supraがコースレコードを更新して2戦連続ポールポジションを獲得、GT300はマッハ車検エアバスターMC86マッハ号がチーム最上位の準優勝でフィニッシュ!!

SUPER GT Round 3

開催日 2022年5月28日-29日
開催場所 鈴鹿サーキット
(三重県)
天候 晴れ
路面 ドライ
決勝距離 52周
(1周=5,807m)
参加台数 42台
(ヨコハマタイヤ装着車 16台)

ゴールデンウィークに行われた第2戦から、一ヶ月経たずに第3戦を迎えたSUPER GT。鈴鹿サーキットを舞台に、今回も大観衆が見守る中での戦いとなった。不思議なもので、今年は金曜日まで天気がぐずつくのだが、土曜日になって走行が開始されると、天気の心配がなくなっている。これで3戦連続。ただ、今回ばかりは季節外れとも言えるほど温度は高め。それが果たしてレースにどう影響を及ぼすか……。

公式予選で、GT300クラスのヨコハマタイヤユーザーは、A組から4台、B組から4台がQ1を突破。Q2では上位陣にペナルティが相次ぐ波乱の展開の中、サクセスウエイトを66kgも積んでなお、ポイントリーダーの「リアライズ日産メカニックチャレンジGT-R」の藤波清斗選手が3番手につけ、そして「apr GR86 GT」が4番手を獲得。特筆すべきはQ1を織戸学選手が担当し、Q2はジェントルマンドライバーの永井宏明選手が担当して、この位置につけていたということだ。永井選手は三重県出身のドライバー、ホームコースでニューマシンの真価を引き出していた。

一方、GT500クラスでは「リアライズコーポレーションADVAN Z」の平手晃平選手こそ、10番手に留まって、あと一歩のところでQ2進出を果たせなかったが、「WedsSport ADVAN GR Supra」の阪口晴南選手が6番手に。続くQ2に臨んだ国本雄資選手が計測2周目のワンアタックで、レコードタイムを実に4年ぶりに更新し、自身にとっては初めてのポールポジションを獲得することとなった。

決勝レースは、2度のセーフティカー(SC)ラン、そしてFCY(フルコースイエロー)も2度実施される、またしても波乱の展開となった。最初のFCYはGT500車両のスローダウンのちストップとなった、1周目終了直後に実施された。その直前、ポールスタートの「WedsSport ADVAN GR Supra」を駆る国本選手は、1コーナーへのホールショットこそ決めたが、トップを1周守り切れず。

さらにその後、5番手に順位を落とすこととなるが、そこからの踏ん張りに国本選手は意地を見せた。11周目からの最初のSCランも味方につけて、先行するライバルとのギャップ拡大を最小限とする。そして、あまりの暑さに音を上げたライバルたちが、早々とピットに滑り込んでくる中、阪口選手への交代をギリギリまで遅らせたことで、いったんはトップに再浮上。24周目の交代後は再び5番手へと順位を戻すも、コンスタントな走りで40周目から2度目のSCラン後も後続を寄せつけなかった。

一方、「リアライズコーポレーションADVAN Z」は先行する車両の後退もあって、佐々木大樹選手はやがて8番手に浮上するも、我慢の走りを強いられていた印象もあった。だが、22周目に平手晃平選手に代わってからは内圧の調整などが功を奏し、徐々に順位を上げていって、最終ラップに6番手に浮上!! GT500クラスでは、前戦に続いて両車揃ってポイントを獲得した。

GT300クラスでは「リアライズ日産メカニックチャレンジGT-R」の藤波選手が、ポジションキープとなる3番手からレースをスタート。やがて「apr GR86 GT」の織戸選手、「マッハ車検エアバスターMC86マッハ号」の冨林勇佑選手が続いていく格好に。この中で大勝負に出たのが、「マッハ車検エアバスターMC86マッハ号」だった。16周目の平木玲次選手への交代時には、タイヤを交換せず。最小限のロスでコースに戻されると、早めのピットストップを行ったチームの中では先頭に立つ。さすがにこの暑さの中では無謀な作戦かと思われたものの、両選手のタイヤマネージメントは完璧で、ライバルがドライバー交代を行うたび、再び順位は上がっていった。

「リアライズ日産メカニックチャレンジGT-R」と「apr GR86 GT」は、ともに23周目にピットイン。それぞれJ.P.デ・オリベイラ選手、永井選手に代わると、その前にいたのが平木選手だった。そして、その間に暫定トップに立ったのは「weibo PrimezランボルギーニGT3」の元嶋佑弥選手だったが、小暮卓史選手への後退を間近に控えた25周目に、接触によってコースアウトしたばかりか、左リヤのタイヤにダメージが。直後にFCY提示となったため、ロスを最小限に留めたものの、優勝争いからは脱落を余儀なくされる。

全車ドライバー交代を済ませると、平木選手が3番手、JP選手が4番手、小暮選手が5番手に。そんな中、迫り来るヨコハマタイヤユーザーたちに恐れをなしたのか、40周目に2番手の車両がコースアウト。それぞれ労せずして、ひとつずつ順位を上げる。そして、平木選手とJP選手による終盤の激しいバトルは、レースのハイライトのひとつにも。しかし、最後まで平木選手がしっかりしのぎ抜いて2位でゴール。チームとして最上位を獲得した。

3位で表彰台の一角を獲得した「リアライズ日産メカニックチャレンジGT-R」はランキングトップを死守したばかりか、2位との差をより広げることとなった。4位は「weibo PrimezランボルギーニGT3」で、最終ラップにふたつ順位を落としはしたが、「apr GR86 GT」が8位でゴールし、ニューマシンで初めての入賞を果たしていた。

DRIVER VOICE

国本雄資 選手 (WedsSport ADVAN GR Supra)

【今回の成績 : GT500クラス 5位】

かなり路面温度が上がって暑いレースでしたが、タイヤのデグラデーションも最小限で、まわりと遜色ないレースペースで走ることができて、満足のいくペースで前半スティントも後半スティントも走れました。ただ、まだ課題は残っていて、自分のスティントはポールからスタートしたのにポジションを落としてしまいました。そういったところでもっとレベルアップをして、強い環境作りができるように今後やっていきます。でも、苦手意識のあった鈴鹿でポイント獲得は僕たちにとってすごく大きなステップだったので、引き続きいいタイヤ開発をして、予選でまたポールが獲れるように、決勝でもコンスタントに戦えるように、しっかり準備していきたいと思っています。

阪口晴南 選手 (WedsSport ADVAN GR Supra)

【今回の成績 : GT500クラス 5位】

決勝5位ということで、ちゃんと最後までレースができてチェッカーを受けられたのは良かったと思います。苦手な鈴鹿ということもあって苦戦を強いられるだろうな、と思っていましたけど、2スティントとも粘り強く戦えました。ただ、その中で細かいところで自分たちがパフォーマンスを発揮できるタイミングと、そうでないタイミングというのが、ちょっと差があったので、そこを絶えずコンスタントに走れるようにしていかないと、決勝レースでは行けないので、そこを今後の課題として、しっかりと持ち帰って僕たちの一発の速さっていうのを武器に残しつつ、苦手なところを克服して次戦以降を戦っていきたいと思います。

佐々木大樹 選手 (リアライズコーポレーションADVAN Z)

【今回の成績 : GT500クラス 6位】

昨日の公式練習、走り出しから調子はすごく良くて。課題であるレースのペースが思うようにいっていないところが、今日は兆しが見えました。まだまだ、もちろん全然足りないんですけど、最後に平手さんも追い上げて6位ということで、自分たちとして今日やれることはやったかなという感じでした。ただ、優勝するためにはまだ課題が多いので、そこはヨコハマさんと一緒に協力してやっていきたいと思います。タイヤだけじゃなく、車の方もまだチームと一緒に成長していかなくてはならないので、お互い切磋琢磨しあって頑張っていって、合わさっていけば優勝も近いんじゃないかと思っています。

平手晃平 選手 (リアライズコーポレーションADVAN Z)

【今回の成績 : GT500クラス 6位】

今週末、予選で僕がミスしちゃってQ2につなげられなくて、チームには申し訳ないことしたなと思っていました。今日のレースは前半苦しい展開ではあったんですけど、後半に向けて内圧調整などいろいろ変更して、セットアップの方も決勝に向けて変更したものが功を奏して、レース後半に追い上げて何台か抜いて来られたので、昨日の予選の借りは返せたかなという感じでしたね。今後、この先、富士、鈴鹿と続きますけど、やっぱり今年のZになってから、ストレートでも勝負ができるということが、かなり僕らにとってプラスに働いているので、次回の富士は僕らも表彰台、優勝を狙っていけるはず! シリーズ中盤戦から終盤戦を期待してもらいたいと思います。

冨林勇佑 選手 (マッハ車検エアバスターMC86マッハ号)

【今回の成績 : GT300クラス 2位】

鈴鹿は僕自身、本当に相性はいいみたいで、すごく得意なのもあるんですけど、車もタイヤもすごくいい状態で用意してもらいました。決勝も無交換をしっかり成功できれば表彰台には乗れるだろうって気持ちはあったので、いろいろ荒れたレースでしたけど、自分の仕事はしっかりこなせました。玲次も本当に頑張ってくれて、GTデビュー3戦目で表彰台に乗れたということにとりあえずホッとしていますね。スーパー耐久ではうちの車はタイヤへの攻撃性がきつかったりするのですが、けっこうタイヤはマネージメントして後半に残すタイプで、去年もさんざん行かせてもらったことで、そこの経験が活かせたのかもしれません。自分の想定内で内圧もしっかりコントロールできたと思います。もうちょっと高みを目指したいと思いますけど、自分の持っているものはしっかり発揮できたと思います。

平木玲次 選手 (マッハ車検エアバスターMC86マッハ号)

【今回の成績 : GT300クラス 2位】

タイヤは無交換です。最後はすごくきつくて、ズルズルな状況で。後方からGT3勢がすごく追いついてきて、かなり厳しい状態だったんですけど、昨年ああいう感じで最後、力尽きてしまったので。それを覚えていたので活かして、絶対に抜かれないぞという気持ちでいました。うまくJPさんをディフェンスできたので、そこもすごく良かったと思います。向こうはブレーキングがすごく良くて、シケインとかはかなり詰めてきたんで、すごく難しい戦いでは あったのですが、なんとか振り切ることができました。次は優勝を狙えるようにしっかり準備していきたいと思います。

藤波清斗 選手 (リアライズ日産メカニックチャレンジGT-R)

【今回の成績 : GT300クラス 3位】

とにかく66kgというサクセスウエイトを積んでいながら、表彰台まで行けたので本当に良かったです。やっぱり、ここまで重いと正直、タイヤはきつかったです、すごく。その中でも、もともとのタイヤが良かったので、こういう結果で終われたんでしょうね。ポイントランキングのトップもキープできましたし、これで2位とはかなり離れたと思います。次の富士はもっときついと思いますが、また確実に稼いでいこうと思っています。

ENGINEER VOICE

白石貴之 [横浜ゴム タイヤ製品開発本部 MST開発部 技術開発1グループ・リーダー]

鈴鹿ではGR Supra勢全体が苦戦している中で、うちもなかなか「WedsSport ADVAN GR Supra」のセッティングに合うタイヤを出せずにいたのですが、前回の富士をベースにしたタイヤに合うセッティングを見つけていただいて、あのようなタイムが出て、2戦連続のポール獲得というのは、非常にありがたいと思っています。

決勝は5位、6位。「WedsSport ADVAN GR Supra」はスタートでタイヤ側の要因もあって少し出遅れたところもあったんですけども、後半に関してはいいペースを刻めましたし、さらに「リアライズコーポレーションADVAN Z」もレース全体のペースとしては良くて、追い上げてくれました。昨年の鈴鹿は、「リアライズコーポレーションADVAN Z」は悪くなかったですけれども、「WedsSport ADVAN GR Supra」は結果が出ていなかったので、今回のこの結果は第5戦の夏の鈴鹿に向けて弾みになるかなと思っています。

「マッハ車検エアバスターMC86マッハ号」が無交換で2位というのは、本当に驚きました。我々もこの温度なので確証はなかったんですけど、チームさんが良い判断をされたと思います。「リアライズ日産メカニックチャレンジGT-R」が66kg積んで3位、相変わらず頭が上がらないというか。早い時期にうちのタイヤに合うセッティングを見つけていただいて、それをベースに長い間、開発していただいているところがあるので、良くも悪くもうちのタイヤのいいところも悪いところも知り尽くしています。それを前提にして、レースの中でどうやって結果を出すかっていうのを考えてくれているのが、コンスタントに成績を出していただいている理由じゃないかと思っています。その結果が他のGT300車両に展開できるスペックの開発につながっていますので、「リアライズ日産メカニックチャレンジGT-R」はGT300クラスのタイヤ開発のベース車両かな、と思っています。

6月、7月はGTのレースはありませんが、我々としてはタイヤメーカーテストも予定しています。そこでまた夏に向けて結果を出せる新しいものに取り組んでいきますので、是非また応援していただけたらと思います。

Video

Photo Gallery

[Photo]

GT500 | WedsSport ADVAN GR Supra

[Photo]

GT500 | 国本雄資 選手 (WedsSport ADVAN GR Supra)

[Photo]

WedsSport ADVAN GR Supraが2戦連続でポールポジションからスタート

[Photo]

GT500 | リアライズコーポレーション ADVAN Z

[Photo]

GT300 | マッハ車検 エアバスター MC86 マッハ号

[Photo]

GT300 | 冨林勇佑 選手/平木玲次 選手

[Photo]

GT300 | リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R

[Photo]

GT300 | 藤波清斗 選手/J.P.デ・オリベイラ 選手

[Photo]

GT300 | Weibo Primez ランボルギーニ GT3

[Photo]

GT300 | apr GR86 GT

[Photo]

ヨコハマタイヤサービス

[Photo]

ヨコハマタイヤサービス

TOP