ニュースリリース

横浜ゴム、天然ゴムサプライヤーとの交流イベントを開催

2022年07月21日

  • 経営関連
  • CSR・環境関連

横浜ゴム(株)は、シンガポールの子会社Yokohama Rubber Singapore Pte. Ltd.との共催で、2022年5月、天然ゴムの持続可能な調達を目指す取り組みの一環として、天然ゴムサプライヤーとの交流と問題意識共有のためのイベント「サプライヤーズデー」を開催しました。同イベントの開催は2016年、2018年に続き3回目です。

新型コロナウイルス感染症対策の観点からオンライン開催となった今年は天然ゴムの主要な原産国であるタイやインドネシアをはじめ7カ国から天然ゴムの生産者や商社など35社、76工場、計180名にご参加いただきました。ESG中期計画の環境面に関する計画や本年4月に策定した人権方針について説明するとともに、当社の「持続可能な天然ゴムの調達方針」に基づいた具体的な取り組みへのご協力をお願いし、サプライヤーとの共通理解を深めたほか、横浜ゴムの山石昌孝代表取締役社長からの感謝のメッセージや特に貢献いただいたサプライヤーへの表彰を行い、パートナーシップの強化を図りました。また、持続可能な天然ゴムのためのプラットフォーム(GPSNR※)のStefano Savi代表(Director)からも本イベントの開催を祝うビデオメッセージをいただきました。
※GPSNR=Global Platform for Sustainable Natural Rubber

横浜ゴムは、GPSNRに創設メンバーとして参画するとともに、2021年9月には従来の「持続可能な天然ゴムの調達方針」を改定し、GPSNRの活動との連携を強めています。「サプライヤーズデー」は同方針に掲げられた「サプライヤー様とのコミュニケーション」を反映したもので、今後も活動指標に沿った取り組みを実施し、公表していきます。また、国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に取り組んでおり、その一環として天然ゴムをはじめとしたサステナブルな原料調達に向けた活動を推進しています。

横浜ゴムは2021年度から2023年度までの中期経営計画「Yokohama Transformation 2023(YX2023)」(ヨコハマ・トランスフォーメーション・ニーゼロニーサン)のESG経営において「未来への思いやり」をスローガンに掲げており、事業活動を通じた社会課題への貢献を進めています。

サプライヤー表彰受賞者に授与したトロフィー

サプライヤー表彰受賞者に授与したトロフィー