ニュースリリース

横浜ゴム、全日本ラリー選手権第2戦の最高峰クラスJN-1でワンツーフィニッシュ

2021年03月23日

  • モータースポーツ関連

横浜ゴム(株)のADVANタイヤ装着車が2021年3月19日から21日に愛知県で開催された「2021年 JAF 全日本ラリー選手権」の第 2 戦「新城ラリー2021」の最高峰クラスJN-1においてワンツーフィニッシュを達成しました。

2月に予定されていた第1戦が中止となり、事実上の開幕戦となった第 2 戦。激しい雨に見舞われる過酷なコンディションとなる中、新井敏弘選手/田中直哉選手組(富士スバル AMS WRX STI)が優勝、新井大輝選手/小坂典嵩選手組(ADVAN KYB AMS WRX)が準優勝を果たし、JN-1クラスチャンピオン獲得に向けて絶好のスタートダッシュを決めました。装着タイヤはストリートスポーツタイヤの「ADVAN A08B」および「ADVAN A052」で、勝利を足元から支えました。

横浜ゴムは2021年度から2023年度までの新中期経営計画「Yokohama Transformation 2023(YX2023)」(ヨコハマ・トランスフォーメーション・ニーゼロニーサン)のタイヤ消費財戦略において高付加価値商品の主力であるグローバルフラッグシップタイヤブランド「ADVAN(アドバン)」、SUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「GEOLANDAR」、そして「ウィンタータイヤ」の販売構成比率最大化を掲げています。その中で、モータースポーツ活動を技術開発および「ADVAN」「GEOLANDAR」ブランド強化の場と位置付け、 トップカテゴリーからグラスルーツカテゴリーまで国内外の多岐にわたるモータースポーツ競技に参戦しています。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

優勝した新井敏弘選手/田中直哉選手組の参戦車両

優勝した新井敏弘選手/田中直哉選手組の参戦車両