ニュースリリース

横浜ゴムのADVANレーシングタイヤ装着車がSUPER GT第2戦GT300クラスで優勝

2020年08月18日

  • モータースポーツ関連

横浜ゴム(株)のADVANレーシングタイヤ装着車が2020年8月8日から9日に富士スピードウェイ(静岡県)で開催された国内最高峰のツーリングカーレース「2020 AUTOBACS SUPER GT」第2戦のGT300クラスで優勝しました。

優勝したのはCars Tokai Dream28の「シンティアム・アップル・ロータス(加藤寛規選手/柳田真孝選手)」。予選3番手だった「シンティアム・アップル・ロータス」は決勝序盤で加藤選手が2番手まで追い上げ、ピットストップをトップより4周後の30周目まで伸ばし柳田選手に交代。柳田選手がコースに戻るとトップに浮上し、そのまま逃げ切って優勝しました。

横浜ゴムは中期経営計画「グランドデザイン2020(GD2020)」の技術戦略において、モータースポーツ活動を重要な先行技術開発の場と位置付け、トップカテゴリーからグラスルーツカテゴリーまで国内外の多岐にわたるモータースポーツ競技に参戦しています。2020年のSUPER GTでは、GT300では今回優勝した「シンティアム・アップル・ロータス」を含め計20台、GT500では3台にタイヤを供給しているほか、海外でも幅広いカテゴリーをサポートし、モータースポーツの普及に努めています。今後もモータースポーツ活動に積極的に取り組み、最高レベルの技術を追求していきます。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

第2戦のGT300クラスで優勝した「シンティアム・アップル・ロータス」

第2戦のGT300クラスで優勝した「シンティアム・アップル・ロータス」

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

加藤寛規選手(左)と柳田真孝選手

加藤寛規選手(左)と柳田真孝選手