ニュースリリース

横浜ゴム、アジアクロスカントリーラリーに参戦する塙郁夫選手をサポート

横浜ゴム(株)は、8月12日から始まるアジア最大のクロスカントリーラリー「アジアクロスカントリーラリー2018(以下、AXCR)」に参戦する塙郁夫氏をサポートし、当社のSUV用タイヤ「GEOLANDAR(ジオランダー)」のマッドテレーンタイヤ「GEOLANDAR M/T G003(ジオランダー・エムティー・ジーゼロゼロサン)」を供給する。

「AXCR」はFIA(国際自動車連盟)公認レースでダカールラリーと同格式で行われる。1996年にスタートし、アジア各国の山岳部やジャングル、海岸、プランテーション、サーキットなどを舞台に毎年8月に開催されている。横浜ゴムは同ラリーに2001年から11年連続で協賛したほか、サポートした「GEOLANDAR」装着車が2011年に総合2位と3位、2012年に総合2位を獲得している。今年は8月12日にタイ王国のパタヤをスタートし、8月18日にカンボジアのプノンペンでゴールする約2,200kmを競い合う。

塙郁夫選手は日本を代表する世界的なオフロードレーサー。国内最高峰のオフロードレース「JFWDAチャンピオンシップレースシリーズ」で10年連続チャンピオンに輝いた実績に加え、オフロードレースの世界的なビッグイベント「Baja(バハ)1000」で1991年に日本人初完走、2002年にクラス優勝を成し遂げている。横浜ゴムは「Baja1000」をはじめ、数々のレースに塙選手と参戦しており、今年4月にはグアム島で行われたスプリント耐久オフロードレース「APL SMOKIN’ WHEELS 2018」で優勝している(「GEOLANDAR M/T G003」を装着)。

「GEOLANDAR M/T G003」は2017年8月に発売したマッドテレーンタイヤ。マッド、ロック、ダート、砂利などあらゆる路面でのオフロード性能に加え、優れたロングライフ性能を実現。さらに逞しくアグレッシブなデザインやオンロードでの静粛性、快適性にも配慮した。同商品は2017年度グッドデザイン賞を受賞している。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
塙郁夫選手 参戦車両「HILUX REVO」
塙郁夫選手 参戦車両「HILUX REVO」
塙郁夫選手

塙郁夫選手

参戦車両「HILUX REVO」

参戦車両「HILUX REVO」

<チームおよび車両の詳細>

参戦チーム:TEAM GEOLANDAR/参戦車両:HILUX REVO (T1-Gクラス)/ドライバー:塙郁夫
コ・ドライバー:染宮弘和/タイヤ:GEOLANDAR M/T G003/タイヤサイズ:LT265/70R17 121/118Q