ニュースリリース

横浜ゴム、チェルシーFCとスリーブスポンサー契約を締結

横浜ゴムは7月21日、オフィシャルシャツパートナーを務める英国・プレミアリーグ「チェルシーFC」と新たに2017-2018年シーズンのスリーブスポンサー契約を締結した。これに伴い、プレミアリーグ、FAカップ、カラバオカップの試合で選手が着用する新ユニフォームには、従来の胸部分に表示される「YOKOHAMA TYRES(ヨコハマ・タイヤ)」に加えて、同じく当社が展開するブランドである「ALLIANCE TYRES(アライアンス・タイヤ)」のロゴが左袖口(スリーブ)に表示される。新ユニフォームは7月22日に北京の北京国家体育場(通称:鳥の巣スタジアム)で行われたアーセナルFCとのプレシーズンマッチで初めて着用された。

「アライアンス」は、横浜ゴムが2017年より欧州を皮切りに展開する乗用車向けタイヤのブランド。「ヨコハマ」ブランドに加え「アライアンス」ブランドを市場へ展開することにより、より広い顧客層や多様化する消費者のニーズに応えていく。なお、農機・建機用タイヤにおいては、当社が2016年7月に買収したオフハイウェイタイヤの専業メーカーであるアライアンスタイヤグループ(ATG)が「アライアンス」ブランドの商品をすでに展開している。

横浜ゴムはタイヤ販売拡大に向け、世界中に数多くのファンを持つチェルシーFCと2015年7月から5年間に渡るパートナー契約を結んでいる。昨シーズン、プレミアリーグチャンピオンに返り咲いた同チームのパートナーとして「チャンピオン」のイメージとの親和性を高め「ヨコハマ」および「アライアンス」のブランド認知向上を図っていく。

チェルシーFCはプレミアリーグの名門サッカークラブ。英国リーグで昨シーズンを含め6度、FAカップで7度優勝している。またUEFAカップウィナーズカップで2度、2012年のUEFAチャンピオンズリーグ、2013年のUEFAヨーロッパリーグで優勝し、英国クラブで最初にUEFA三大クラブ大会を制している。

横浜ゴムは1917年に日本で設立され、今年で創業100周年を迎えるタイヤ・ゴム製品の総合企業で、東京に本社を置く。乗用車用、トラック・バス用、建設車両用など各種タイヤをはじめ、ホース、コンベヤベルト、マリンホースなど各種ゴム製品(MB製品)を製造販売している。世界9カ国に18のタイヤ工場、世界8カ国に14のMB工場を持ち、従業員数は約25,000人にのぼる。2016年度の連結売上高は5,962億円。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
新ユニフォーム 新ユニフォームのデビューマッチ(対アーセナル/7月22日)
新ユニフォーム 新ユニフォームのデビューマッチ(対アーセナル/7月22日)
新ユニフォーム

新ユニフォーム

新ユニフォームのデビューマッチ(対アーセナル/7月22日)

新ユニフォームのデビューマッチ(対アーセナル/7月22日)