ニュースリリース

横浜ゴム、米国の工業品生産販売子会社が第3期「千年の杜」植樹祭を開催

横浜ゴム(株)の米国の工業品生産販売子会社であるヨコハマ・インダストリーズ・アメリカズ(Yokohama Industries Americas Inc.)は、11月19日、サウスカロライナ州イーズリーにある工場で「YOKOHAMA千年の杜」プロジェクトの第3期植樹祭を開催した。当日は同社の多島康彦社長、従業員とその家族など合計412名が参加。350㎡の敷地に広葉樹苗木14種、2,800本を植樹した。

ヨコハマ・インダストリーズ・アメリカズは、2014年4月、自動車用ホースの組立販売、自動車窓枠用シーラントの生産販売などを行うYHアメリカと自動車用ホースなどを生産販売するSASラバーカンパニーを統合して設立された。本社をケンタッキー州に置き、生産拠点をケンタッキー州、サウスカロライナ州、オハイオ州、メキシコのアグアスカリエンテス州に設置している。植樹活動はケンタッキー州、オハイオ州の生産拠点でも実施している。

横浜ゴムは、創業100周年にあたる2017年までに国内外の生産・販売関連拠点で50万本を植樹する「YOKOHAMA千年の杜」プロジェクトに2007年から取り組んでいる。同プロジェクトでは、植物生態学者の宮脇昭横浜国立大学名誉教授による指導のもと、苗作りから植樹、その後の杜の育成まで従業員が自ら行っている。ヨコハマ・インダストリーズ・アメリカズの植樹により、横浜ゴムグループ全体の累計植樹本数は約45万本(2016年11月末現在)となった。

植樹する従業員とその家族など

植樹する従業員とその家族など