ニュースリリース

横浜ゴム、米国の過酷なヒルクライムレースに参戦、サステナブル素材を使用したタイヤを初投入

2022年05月13日

  • モータースポーツ
  • CSR・環境関連

横浜ゴム(株)の米国のタイヤ販売会社であるYokohama Tire Corporation(ヨコハマタイヤコーポレーション=YTC)は2022年6月26日に米国・コロラド州で開催される「第100回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」に参戦する暫定18台をサポート※します。今回はサステナブル素材を使用したストリートスポーツタイヤ「ADVAN A052」を初投入します。100回目の記念すべき大会を盛り上げるとともに、2年ぶりの総合優勝奪還をはじめ、全6クラスへのエントリーを行い、全クラスでの優勝を目指します。
※サポート台数は増える可能性があります

サステナブル素材を使用した「ADVAN A052」を装着するのは、エキシビションクラスに参戦するBlake Fuller選手の「Electric Performance/NRS 2022 Tesla Model S Plaid」です。同車両向けの「ADVAN A052」は、走行時に最も変形が大きくなるサイドウォールのゴムを従来の石油由来のブタジエンゴムからバイオマス由来のブタジエンゴムに変更し再生可能原料比率を高めています。今回、過酷なヒルクライムレースでの実戦を通じて新たな知見を取得し、環境負荷を低減する技術開発をさらに加速化します。また、今後もサステナブル素材を使用したタイヤ開発を継続して行い「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」での供給数を拡大していきます。

そのほか、2021年にエキシビションクラスで優勝したRandy Pobst選手の「2021 Tesla Model S Plaid」、2020年に総合優勝したパイクスピークオープンクラスに参戦するClint Vahsholtz選手の「Aston Martin V12 Vantage GT3」など多くの有力選手をサポートします。

なお、YTCはパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムをさらに盛り上げるため「Porsche Cayman GT4 Clubsport」で競われる「ポルシェ パイクスピークトロフィー by Yokohama」クラスに5年連続で「ADVAN A052」をワンメイク供給します。

「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」は1916年から開催されている伝統あるヒルクライムレースです。別名「雲へ向かうレース」と呼ばれ、標高2,862mのスタート地点から標高4,300m にあるゴールまでの約20kmのコースにて競われます。ヨコハマタイヤ装着車は2021年に2部門でクラス優勝、2020年に総合優勝を果たしています。

横浜ゴムは2021年度から2023年度までの中期経営計画「Yokohama Transformation 2023(YX2023)」(ヨコハマ・トランスフォーメーション・ニーゼロニーサン)のタイヤ消費財事業において高付加価値商品の主力であるグローバルフラッグシップタイヤブランド「ADVAN」、SUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「GEOLANDAR」、そして「ウィンタータイヤ」の販売構成比率最大化を掲げています。その中で、モータースポーツ活動を先行技術開発および「ADVAN」「GEOLANDAR」ブランド強化の場と位置付け、トップカテゴリーからグラスルーツカテゴリーまで国内外の多岐にわたるモータースポーツ競技で培った技術を高性能・高品質な新車用および市販用タイヤの開発にフィードバックしています。

また、ESG経営において「未来への思いやり」をスローガンに掲げ、事業活動を通じた社会課題への貢献を持続的な企業価値向上に繋げていきます。サーキュラーエコノミーでは2030年に再生可能原料・リサイクル原料使用率を30%以上とすることを目指しています。その一環として「全日本スーパーフォーミュラ選手権」に2023年以降はサステナブル素材を活用したレーシングタイヤを供給する予定で、今年から開発をスタートしています。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

エキシビションクラスで優勝した「2021 Tesla Model S Plaid」(2021年)

エキシビションクラスで優勝した「2021 Tesla Model S Plaid」(2021年)

<参戦リスト>

※ バイオマス由来のブタジエンゴムを使用。このブタジエンゴムは国立研究開発法人産業技術総合研究所と先端素材高速開発技術研究組合との共同研究により開発したバイオエタノールからブタジエンを生成する世界最高の生産性を有する触媒システムを用いて合成しました。本開発は国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト」の委託事業として実施したものです。

※ バイオマス由来のブタジエンゴムを使用。このブタジエンゴムは国立研究開発法人産業技術総合研究所と先端素材高速開発技術研究組合との共同研究により開発したバイオエタノールからブタジエンを生成する世界最高の生産性を有する触媒システムを用いて合成しました。本開発は国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト」の委託事業として実施したものです。