ニュースリリース

横浜ゴム、「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の構成銘柄に選定

2022年04月11日

  • 経営関連
  • CSR・環境関連

横浜ゴム(株)はこのたびESG対応に優れた日本企業のパフォーマンスを測定するための投資指数「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の構成銘柄に選定されました。

グローバルインデックスプロバイダーであるFTSE Russellにより構築された「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」は、各セクターにおいて相対的に、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフォーマンスを反映するインデックスで、セクター・ニュートラルとなるよう設計されています。また低炭素経済への移行を促進するため、特に温室効果ガス排出量の多い企業については、TPI(Transition Pathway Initiative)経営品質スコアにより改善の取り組みが評価される企業のみを組み入れています。「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」は年金積立金管理運用独立行政法人(以下、GPIF)がESG投資を行う際の指数に選定されています。

当社はGPIF が採用している日本企業に特化したESG 投資指数ではほかにも「FTSE Blossom Japan Index」に5年連続、「S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数」にも継続的に採用されているほか、世界的な ESG 投資指数「FTSE4Good Index Series」の構成銘柄にも17年連続で選定されています。

横浜ゴムグループは、2021年度から2023年度までの中期経営計画「Yokohama Transformation 2023(YX2023)」(ヨコハマ・トランスフォーメーション・ニーゼロニーサン)のESG経営において「未来への思いやり」をスローガンに掲げ、事業活動を通じた社会課題への貢献を持続的な企業価値向上に繋げていきます。

*FTSE Blossom Japan Index Seriesについては、こちらをご覧ください。
http://www.ftse.com/products/indices/blossom-japan