ニュースリリース

横浜ゴムのADVANレーシングタイヤ装着車がSUPER GT第7戦GT300クラスで表彰台を独占

2020年11月11日

  • モータースポーツ関連

横浜ゴム(株)のADVANレーシングタイヤ装着車が2020年11月7日から8日にツインリンクもてぎ(栃木県)で開催された国内最高峰のツーリングカーレース「2020 AUTOBACS SUPER GT」第7戦のGT300クラスで表彰台を独占しました。なお、ヨコハマタイヤ勢の優勝は第2戦、第5戦、第6戦に続き今シーズン4回目となります。

優勝はKONDO RACINGの「リアライズ 日産自動車大学校 GT-R(藤波清斗選手/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手)」、2位はGOODSMILE RACING & TeamUKYOの「グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝選手/片岡龍也選手)」、3位はTOMEI SPORTSの「RUNUP RIVAUX GT-R(青木孝行選手/大滝拓也選手)」が獲得しました。23周目にセーフティーカーが導入される荒れた展開の中、全車がドライバー交代を終えた後は「リアライズ 日産自動車大学校 GT-R」と「グッドスマイル 初音ミク AMG」の2台が熾烈なトップ争いを展開。32周目で「リアライズ 日産自動車大学校 GT-R」がトップに躍り出ると、そのまま逃げ切りチェッカーフラッグを受けました。「RUNUP RIVAUX GT-R」は、最終ラップで3位に浮上しゴールしました。

「リアライズ 日産自動車大学校 GT-R」は第5戦のGT300クラスでの優勝に続き今シーズン2勝目を飾り、ドライバーランキング、チームランキングともにトップで11月末の最終戦を迎えます。「グッドスマイル 初音ミク AMG」は第6戦に続き2度目、「RUNUP RIVAUX GT-R」は今シーズン初の表彰台を獲得しました。

横浜ゴムは中期経営計画「グランドデザイン 2020(GD2020)」の技術戦略において、モータースポーツ活動を重要な先行技術開発の場と位置付け、トップカテゴリーからグラスルーツカテゴリーまで国内外の多岐にわたるモータースポーツ競技に参戦しています。2020年のSUPER GTにおいて、GT300では計20台、GT500では3台にタイヤを供給しているほか、海外でも幅広いカテゴリーをサポートし、モータースポーツの普及に努めています。今後もモータースポーツ活動に積極的に取り組み、最高レベルの技術を追求していきます。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

表彰台を独占したヨコハマタイヤ勢。左から片岡選手と谷口選手(2位)、藤波選手とジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手(優勝)、青木選手と大滝選手(3位)

表彰台を独占したヨコハマタイヤ勢。左から片岡選手と谷口選手(2位)、藤波選手とジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手(優勝)、青木選手と大滝選手(3位)

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

第7戦のGT300クラスで優勝した「リアライズ 日産自動車大学校 GT-R」

第7戦のGT300クラスで優勝した「リアライズ 日産自動車大学校 GT-R」

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

第7戦のGT300クラスで2位となった「グッドスマイル 初音ミク AMG」

第7戦のGT300クラスで2位となった「グッドスマイル 初音ミク AMG」

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

第7戦のGT300クラスで3位となった「RUNUP RIVAUX GT-R」

第7戦のGT300クラスで3位となった「RUNUP RIVAUX GT-R」