ニュースリリース

横浜ゴム平塚製造所、「Think Ecoひらつか2019」の収益金を石巻市に義援金として寄付

2019年12月24日

  • 経営関連
  • CSR・環境関連

横浜ゴム(株)の平塚製造所(神奈川県平塚市)は、11月9日に開催した体験型環境イベント「第11回Think Ecoひらつか2019」での食堂の軽食販売の売り上げなど収益金692,300円を12月17日、東日本大震災の義援金として平塚市を通じて石巻市(宮城県)に寄付しました。平塚市は石巻市と災害協定を結んでおり、義援金は被災地支援に役立てられています。義援金の寄付は東日本大震災が発生した2011年から行っており、今回で9回目、累計金額は4,212,070円となりました。当日は中村亨取締役執行役員タイヤ生産本部長兼平塚製造所長らが平塚市役所を訪問し、落合克宏平塚市長に義援金を手渡しました。

「Think Eco ひらつか」は、環境保全に取り組む横浜ゴムの企業姿勢を知ってもらうことを目的に2009年から毎年開催している体験型環境イベント。“みんなで学ぶ、遊ぶ、楽しめる”をコンセプトに、環境や自然について触れる展示や催しのほか家族で楽しめるゲーム大会や模擬店などを提供しており、今年は来場した約3,700人の地域住民の方々や従業員家族との親睦を深めました。また、平塚製造所では2013年から平塚市内を流れる金目川での生物多様性保全活動に取り組んでおり、2014年から同イベントに合わせ「生物多様性パネルディスカッション」を開催しています。今回も活動内容を紹介すると共に、関係者からの意見を取り入れ今後の活動に役立てていきます。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。

落合克宏平塚市長(写真左)と横浜ゴム中村亨平塚製造所長

落合克宏平塚市長(写真左)と横浜ゴム中村亨平塚製造所長