ニュースリリース

横浜ゴム、国際義肢装具協会(ISPO)日本支部に協賛

横浜ゴム(株)は、国際義肢装具協会(ISPO)日本支部に対して、同支部の社会貢献活動に賛同し、協賛金500万円を提供しました。

国際義肢装具協会は、世界保健機関(WHO)など国際的な団体と緊密な関係を持ち、義肢装具サービスの向上と教育の普及・標準化を主な目標のひとつとする、義肢装具・自立支援機器・リハビリテーション工学・医療福祉に関する協会です。国際義肢装具協会は2019年10月5日から8日に、国内では30年ぶりとなる「第17回国際義肢装具協会世界大会(ISPO2019)」を兵庫県神戸市で開催します。今年は世界70カ国から医師や義肢装具士、理学療法士、エンジニアなど5,000名の参加が見込まれています。

横浜ゴムは、2019年10月6日にISPO2019の神戸開催を記念して、神戸コンベンションセンターで併設開催される兵庫県主催の「ひょうごパラスポーツフェスティバル」にも出展します。「ひょうごパラスポーツフェスティバル」は、パラスポーツ(障がいのある方が行うスポーツ)に関する市民の理解を深めるイベントです。ISPO2019を盛り上げるとともに、パラスポーツの紹介や体験イベント、パラスポーツ用品の展示などが行われます。

横浜ゴムは、2018年2月に策定した中期経営計画「グランドデザイン2020(GD2020)」において各事業の成長戦略を通じた経営基盤の強化を掲げています。CSR活動では「未来への思いやり」をスローガンに「地球環境」「地域社会」「取引先」など6つのステークホルダーごとに事業活動を通じた社会貢献を推進しています。