ニュースリリース

横浜ゴム、ウェットグリップ性能「a」を訴求するPR動画を公開

横浜ゴム(株)は国内タイヤラベリング制度におけるウェットグリップ性能の最高グレード「a」の優れた性能をアピールするPR動画として「ウェットラグビー大会」編と「ウェット綱引き大会」編を制作し、6月5日に「ウェットラグビー大会」編を公開しました。「ウェット綱引き大会」編は6月12日に公開する予定です。YouTube(https://www.youtube.com/TheYokohamaRubber)やFacebook(https://www.facebook.com/YokohamaRubber)、Twitter(https://twitter.com/YokohamaRubber)など横浜ゴムの公式SNSで視聴できます。

PR動画は注目の高まっている「ラグビー」と運動会の定番競技「綱引き」を題材に、使用するシューズをウェットグリップ性能「a」と「c」のタイヤになぞらえた比較動画となっています。両動画とも前半は「c」のシューズを履いたチームヨコハマが濡れた芝生で足が滑ってしまい相手チームに惨敗しますが、「a」のシューズに履き替えた後半は圧勝するストーリーとなっており、「a」と「c」の歴然とした性能差をコミカルに伝える内容となっています。

横浜ゴムはウェットグリップ性能に優れたタイヤ開発を積極的に進めており、2019年5月末時点では、ウェットグリップ性能「a」獲得サイズ数が業界初の333サイズを突破しました。今回制作したPR動画によって「a」のタイヤを選ぶ重要性を分かりやすく訴求し、「a」の商品を豊富にラインアップしているヨコハマタイヤの販売拡大を図ります。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
「ウェットラグビー大会」編のワンシーン。ウェット「a」のシューズに履き替え、相手チームからの猛攻を楽々と受け止めるチームヨコハマ(左側)

「ウェットラグビー大会」編のワンシーン。ウェット「a」のシューズに履き替え、相手チームからの猛攻を楽々と受け止めるチームヨコハマ(左側)

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
「ウェット綱引き大会」編のワンシーン。ウェット「a」のシューズに履き替え、余裕の表情で後半戦に臨むチームヨコハマ

「ウェット綱引き大会」編のワンシーン。ウェット「a」のシューズに履き替え、余裕の表情で後半戦に臨むチームヨコハマ