ニュースリリース

ヨコハマタイヤの「BluEarth-GT AE51」がマツダの新型「MAZDA3」に新車装着

横浜ゴム(株)はマツダ(株)が2019年5月24日より発売した新型「MAZDA3」の新車装着(OE)用タイヤとして「BluEarth-GT AE51(ブルーアース・ジーティー・エーイーゴーイチ)」を北米以外の全世界で納入を開始しました。装着サイズは205/60R16 92V。

「BluEarth-GT AE51」は「環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい」をテーマとした横浜ゴムのグローバルタイヤブランド「BluEarth」の基盤設計や材料技術を採用し、走行性能、快適性能、環境性能の全てに優れる、高いグランドツーリング性能を持ったタイヤ。横浜ゴムは先進タイヤ技術「BluEarth」テクノロジーを投入したタイヤの開発を積極的に進めており、「BluEarth」シリーズのタイヤは最新のセダンやSUV、スポーティーカー、コンパクトカーなどに幅広く新車装着されています。

累計販売台数が600万台を超えるMAZDA3は、マツダの「走る歓び」を世界中のお客さまにお届けするとともに、マツダの主要な生産拠点において生産の中核を担うなど、ブランドとビジネスの両面でマツダをけん引してきたグローバル戦略車です。このたびの新型「MAZDA3」では、人間を中心に設計するという思想に基づき、クルマとしての基本性能を飛躍的に向上させ、走る・曲がる・止まるという、クルマの動きが自然に感じられるよう磨き上げています。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
「BluEarth-GT AE51」

「BluEarth-GT AE51」

新型「MAZDA3」 ※本画像はマツダ(株)の許諾を受け掲載しております。本画像の他への転載、転用を一切禁止致します。

新型「MAZDA3」 ※本画像はマツダ(株)の許諾を受け掲載しております。本画像の他への転載、転用を一切禁止致します。