ニュースリリース

横浜ゴム、2019年から初開催の「TCRジャパンシリーズ」に「ADVAN」レーシングタイヤをワンメイク供給

横浜ゴム(株)の「ADVAN」レーシングタイヤが2019年から日本で新たに開催される「TCRジャパンシリーズ」の コントロールタイヤとして採用されます。10月27日に鈴鹿サーキットで開かれた記者会見で、「TCRジャパンシリーズ」を主催する日本TCRマネジメント(株)の倉下明社長より発表されました。会見にはTCRを統括するWSC(World Sporting Consulting, Ltd)のマルチェロ・ロッティ社長、当社の阿部義朗モータースポーツ推進室長が出席しました。タイヤは「ADVAN A005(ドライ用)」「ADVAN A006(ウェット用)」を供給します。サイズはともに250/660R18。

「TCRジャパンシリーズ」は、欧州を中心に世界的に人気が高まっているTCR規定のツーリングカーレースです。横浜ゴムは2018年から「FIAワールドツーリングカーカップ(WTCR)」のオフィシャルタイヤサプライヤーを務めていることが高く評価されました。「WTCR」以外にも、地域選手権の「TCR Europe」「TCR Middle East」や各国選手権の「TCR UK」「TCR Portugal」「TCR Benelux」など多くの海外レースにタイヤ供給しており、2019年からは「TCR Germany」のサポートも決定しています。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
左から日本TCRマネジメント(株)の倉下明社長、WSCのマルチェロ・ロッティ社長、当社の阿部義朗モータースポーツ推進室長

左から日本TCRマネジメント(株)の倉下明社長、WSCのマルチェロ・ロッティ社長、当社の阿部義朗モータースポーツ推進室長