ニュースリリース

横浜ゴム、北海道旭川市に冬用タイヤテストコース用地取得へ

横浜ゴム(株)は、10月28日、冬用タイヤテストコース用地として北海道旭川市の旭川競馬場跡地を取得することを決め、土地建物売買契約を上川生産農業協同組合連合会と締結した。今後、冬用の乗用車用及びトラック・バス用タイヤの各種試験路を建設し、2015年末から運用を開始する計画。なお夏用タイヤテストの一部も同所で実施する予定。

横浜ゴムはこれまで、旭川市北に隣接する上川郡鷹栖町に保有するテストコース「T*MARY(ティーマリー)」で冬用タイヤのテストを行ってきた。しかしタイヤ事業規模の拡大に対応すると共に、より高水準のタイヤ評価を行うため、さらに大規模な冬用タイヤテストコースの建設を検討してきた。新たに取得する土地面積は約86ヘクタールで「T*MARY」に比べおよそ4倍の広さ。また車で旭川駅から15分、旭川空港から10分と利便性も高い。なお新テストコースの完成に合わせ、「T*MARY」は閉鎖する予定。

取得予定地の概要

所在地:北海道旭川市神居町上雨紛(かむいちょうかみうぶん)
(旭川競馬場跡地及び隣接地の一部)
面積:約86ヘクタール
購入先:上川生産農業協同組合連合会