ニュースリリース

PRGRドライバー「eggbird」新発売

長尺・軽量・太グリップで飛距離アップ

横浜ゴム(株)(社長:野地彦旬)は、PRGR(プロギア)「egg(エッグ)」シリーズの新ドライバー「eggbird(エッグバード)」を(株)プロギア(社長:森昌弘)を通じて、8月6日から発売する。ロフト角は10°と11°の2モデル、シャフトはヘッドスピード別に「M-43」「M-40」「M-37」「M-35」の4タイプ(オリジナルカーボンシャフト)を用意した。価格は1本78,750円(本体価格75,000円)。

 「eggbird」は「長尺」「軽量」「専用太グリップ」の相乗効果でヘッドスピードを向上させ、飛距離をアップさせる新発想ドライバー。一般的に長尺ドライバーはヘッドスピードは上がるが、振り切れない、ミート率が上がらず上手く飛ばせないという声も多い。しかし「eggbird」は、46.5インチ※の長尺ながらヘッドを170gと軽量化、クラブ重量261g、バランスC-1.5(M-40)とすることで、やさしく振り抜ける長尺ドライバーを実現させた。さらに、グリップは通常外径より約7%太くした「新egg専用グリップ」を採用し、力まず握れることでヘッドスピードが速くなる。なお、新グリップの素材には通常のゴムより比重が約20%軽い高発泡ゴムを使用している。
※M-35は46インチ

 「egg」シリーズは「既成概念にとらわれない」「卵の殻を打ち破る発想」「飛び、やさしさを最優先」をコンセプトに開発したクラブシリーズ。同時発売するアイアン「New egg IRON(ニュー・エッグ・アイアン)」、新形状ユーティリティー「egg i+(エッグアイプラス)」とともに今までにない“やさしさ”と“飛び”を追求したシリーズとなっている。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
eggbird

eggbird

eggbirdのコンセプト

クラブ設計の特長

eggbirdのスペック