ニュースリリース

PRGRゴルフクラブのSLEルール適合リストを作成

横浜ゴム(株)(社長:南雲忠信)は、(株)プロギア(社長:森昌弘)を通じて1999年から販売してきたPRGR(プロギア)ゴルフクラブについて、SLEルール適合リストを作成した。PRGRゴルフクラブは1998年以前に販売したモデルはすべて適合品だが、1999年から2005年までの間に販売したモデルの中には不適合品が含まれる。2006年以降に販売された全モデルは適合している。なお、本適合リストに不掲載のモデルはすべてSLEルールに適合していない(1998年以前は除く)。

 世界のゴルフルールを統括するR&Aは、いわゆる飛びすぎクラブを規制するため、ゴルフクラブのスプリング効果(SLE:Spring-Like Effect)のルール変更を行い、2008年1月1日からフェースの反発力計測において反発係数0.830以上の高反発ゴルフクラブの使用禁止を定めた。R&Aルールに準じる(財)日本ゴルフ協会(JGA)でも、ゴルフ規則は世界共通であることから、日本においても競技、プライベートを問わず、高反発クラブの使用禁止をうたっている。

PRGRゴルフクラブのSLEルール適合リスト(発売年別)