横浜ゴム

タイヤサイズから探す

タイヤサイズの調べ方


車種から探す

グレード/年式/型式の調べ方

「グレード」は各自動車メーカーWebサイトで調べることができます。
「年式」「型式」は車検証に記載されています。

ボディタイプから探す
あなたにピッタリのタイヤを探す
雨が多い日本だから、タイヤ選びは大切です。 雨が多い日本だから、タイヤ選びは大切です。

日本の降水量は、
なんと世界平均の約2倍!

世界でも有数の多雨地帯であるモンスーンアジアの東端に位置する日本。
年間の平均降水量は約1,690mm*で、世界平均の約2倍にもなります。

年平均降水量の国別比較(30年間の平均) 年平均降水量の国別比較(30年間の平均)

日本の雨は、春から秋にかけて特に多い!

春から秋にかけて春雨、梅雨、ゲリラ豪雨、台風、秋雨と、降水量の多い時期が連続するのが日本の雨の特徴。同じ北半球のパリやニューヨークと比べても、東京は降水量の多い時期が長く続きます。

年間降水量の推移(代表的な地点) 年間降水量の推移(代表的な地点)

ゲリラ豪雨の発生回数は、
30年前に比べて約1.4倍に増加!

1時間の降水量が50mm以上の発生回数 1時間の降水量が50mm以上の発生回数

雨の日は晴れの日に比べて、約4倍も交通事故が多い!

首都高速における晴天・雨天別での1時間あたりの交通事故数を算出すると、晴天時は0.95(件/時間)なのに対し 雨天時は3.34(件/時間)。約4倍の割合で交通事故が発生していることがわかります。

晴天・雨天別の1時間当たりの事故件数(2019年度) 晴天・雨天別の1時間当たりの事故件数(2019年度)

雨の日に「ヒヤッ」となる前に、
タイヤの状態をチェック!

タイヤのミゾが減っていると、
濡れた路面でブレーキが効きにくくなり大変危険です。
お使いのタイヤの状態をチェックしてみましょう。

  • Check1

    スリップサインが
    出ていませんか?

    摩耗が進み残ミゾが1.6mmになると、タイヤの使用限界を知らせるスリップサインが現れます。
    こうなると道路の走行は法令で禁止され、もちろん車検も通りません。

    残ミゾと
    ウェット制動距離の関係

    残ミゾが4mm程度になると、雨の日の制動力が徐々に悪化。1.6mm以下のタイヤは法律で使用が禁止されています。

  • Check2

    10円玉の「10」が
    全部見えていませんか?

    摩耗が進み残ミゾが1.6mmになると、タイヤの使用限界を知らせるスリップサインが現れます。
    こうなると道路の走行は法令で禁止され、もちろん車検も通りません。