SC-MS 1-HM

変成シリコーン系(1成分系)

空気中の水分により硬化する1成分形のシーリング材で、引張応力の高い高モジュラスタイプです。
自己接着性に優れます。

SC-MS 1-HM

カタログダウンロード

SDSダウンロード

  1成分形
外観 ペースト状

JIS A 5758に基づく性能

スランプ(mm) 5℃ 0
50℃ 0
5℃ 0
50℃ 0
弾性復元性(%) 77
被着体 アルミ モルタル ガラス
60%引張応力(N/mm2 23℃ 0.4 0.4
-20℃ 0.4 0.4
定伸長下での接着性 NF NF
圧縮加熱・引張冷却後の接着性 NF NF
人工光曝露後の接着性
水浸漬後の定伸長下での接着性 NF NF
体積変化(損失)(%) 1.2
耐久性区分

参考となる性状

貯蔵安定性・有効期間(月) 12
押出し性(秒) 5℃ 4
23℃ 2.5
硬化速度(日)
(5mm厚完全硬化)
製造月 通年
5℃ 8
23℃ 2
35℃ 1
タックフリータイム(23℃・時間) 1
比重 1.53

H型引張接着性

被着体 条件/応力・伸び 50%引張応力
N/mm2
最大引張応力
N/mm2
最大荷重時の
伸び (%)
アルミ×アルミ 養生後 23℃ 0.43 1.08 410
-10℃ 0.45 1.58 400
加熱後 23℃ 0.43 1.13 300
-10℃ 0.46 1.70 230
水浸漬後 23℃ 0.30 0.88 580
モルタル×モルタル 養生後 23℃ 0.44 1.10 430
-10℃ 0.46 1.64 420
加熱後 23℃ 0.44 1.11 320
-10℃ 0.46 1.63 320
水浸漬後 23℃ 0.32 0.85 550
ガラス×ガラス 養生後 23℃
-10℃
加熱後 23℃
-10℃
水浸漬後 23℃

※試験結果の「-」は、試験項目外であることを示しています。
※試験結果の「NF」は、「破壊なし」を示しています。
※H型引張接着性はJIS A1439に準じて実施し、数値は標準値を示しています。

使用プライマー

適用被着体 プライマー
アルミ・コンクリート No.18、No.40

荷姿

1成分形 320ml×10本/ケース×2

カラー

ホワイト オフホワイト ライトグレー ライトグレー2
グレー グレー2 ダークグレー ダークブラウン
ベージュ ダークアイボリー アイボリー アンバー
ダークアンバー ブラック クリアー ステンカラー

※色調については、色見本帳でご確認ください。

ホルムアルデヒド放散等級

放散等級
JSIA-027029 F☆☆☆☆

備考

● 高モジュラスタイプ

SC-MS 1NB-LM

変成シリコーン系(1成分系)

JIS A5758 F-20LM-8020(MS-1)相当

空気中の水分により硬化する1成分形のシーリング材で、引張応力の低い低モジュラスタイプです。
被塗装性に優れるノンブリードタイプです。
硬化後は応力緩和性に優れます。

SC-MS 1NB-LM

カタログダウンロード

SDSダウンロード

  1成分形
外観 ペースト状

JIS A 5758に基づく性能

スランプ(mm) 5℃ 0
50℃ 0
5℃ 0
50℃ 0
弾性復元性(%) 58
被着体 アルミ モルタル ガラス
60%引張応力(N/mm2 23℃ 0.1 0.1
-20℃ 0.2 0.2
定伸長下での接着性 NF NF
圧縮加熱・引張冷却後の接着性 NF NF
人工光曝露後の接着性
水浸漬後の定伸長下での接着性 NF NF
体積変化(損失)(%) 0.8
耐久性区分 8020相当

参考となる性状

貯蔵安定性・有効期間(月) 12
押出し性(秒) 5℃ 3
23℃ 2
硬化速度(日)
(5mm厚完全硬化)
製造月 通年
5℃ 6
23℃ 1
35℃ 1
タックフリータイム(23℃・時間) 2
比重 1.47

H型引張接着性

被着体 条件/応力・伸び 50%引張応力
N/mm2
最大引張応力
N/mm2
最大荷重時の
伸び (%)
アルミ×アルミ 養生後 23℃ 0.20 1.05 670
-10℃ 0.25 1.42 600
加熱後 23℃ 0.17 1.07 550
-10℃ 0.19 1.33 580
水浸漬後 23℃ 0.06 0.30 760
モルタル×モルタル 養生後 23℃ 0.20 0.81 550
-10℃ 0.22 1.19 650
加熱後 23℃ 0.18 1.11 570
-10℃ 0.21 1.27 490
水浸漬後 23℃ 0.13 0.40 610
ガラス×ガラス 養生後 23℃
-10℃
加熱後 23℃
-10℃
水浸漬後 23℃

※試験結果の「-」は、試験項目外であることを示しています。
※試験結果の「NF」は、「破壊なし」を示しています。
※H型引張接着性はJIS A1439に準じて実施し、数値は標準値を示しています。

使用プライマー

適用被着体 プライマー
アルミ・コンクリート No.18、No.40

荷姿

1成分形 320ml×10本/ケース×2

カラー

ホワイト オフホワイト ライトグレー ライトグレー2
グレー グレー2 ダークグレー ダークブラウン
ベージュ ダークアイボリー アイボリー アンバー
ダークアンバー ブラック クリアー ステンカラー

※色調については、色見本帳でご確認ください。

ホルムアルデヒド放散等級

放散等級
JSIA-027053 F☆☆☆☆

備考

● ノンブリードタイプ
● 低モジュラスタイプ

SC-MS 2 NB / SUPER II

変成シリコーン系(2成分系)

JIS A5758 F-25LM-9030(MS-2)適合

主剤と硬化剤の化学反応により硬化する2成分形のシーリング材で、引張応力の低い低モジュラスタイプです。
硬化後は耐候性・耐久性・動的追従性に優れます。
シーリング材に求められる性能を最もバランスよく備えています。

SC-MS 2 NB

カタログダウンロード

SDSダウンロード

  基剤 硬化剤 カラーマスター
外観 ペースト状 ペースト状 ペースト状
混合比 100 10 3.7

JIS A 5758に基づく性能

スランプ(mm) 5℃ 0
50℃ 0
5℃ 0
50℃ 0
弾性復元性(%) 90
被着体 アルミ モルタル ガラス
100%引張応力(N/mm2 23℃ 0.3 0.3
-20℃ 0.4 0.4
定伸長下での接着性 NF NF
圧縮加熱・引張冷却後の接着性 NF NF
人工光曝露後の接着性
水浸漬後の定伸長下での接着性 NF NF
体積変化(損失)(%) 3.5
耐久性区分 9030

参考となる性状

貯蔵安定性・有効期間(月) 6
押出し性(秒) 5℃ 4
23℃ 3
可使時間(時間) 製造月 1,2,11,12 3,4,9,10 5,6,7,8
5℃ 6
23℃ 2 5 10
35℃ 3
タックフリータイム(23℃・時間) 4 10 24
比重 1.15

H型引張接着性

被着体 条件/応力・伸び 50%引張応力
N/mm2
最大引張応力
N/mm2
最大荷重時の
伸び(%)
アルミ×アルミ 養生後 23℃ 0.14 0.45 750
-10℃ 0.16 0.72 700
加熱後 23℃ 0.16 0.49 600
-10℃ 0.17 0.76 600
水浸漬後 23℃ 0.13 0.40 650
モルタル×モルタル 養生後 23℃ 0.14 0.42 700
-10℃ 0.16 0.75 650
加熱後 23℃ 0.16 0.51 500
-10℃ 0.17 0.74 500
水浸漬後 23℃ 0.13 0.38 600
ガラス×ガラス 養生後 23℃
-10℃
加熱後 23℃
-10℃
水浸漬後 23℃
促進曝露後 23℃

※試験結果の「-」は、試験項目外であることを示しています。
※試験結果の「NF」は、「破壊なし」を示しています。
※H型引張接着性はJIS A1439に準じて実施し、数値は標準値を示しています。

使用プライマー

適用被着体 プライマー
アルミ・コンクリート No.18、No.40
金属断熱サンドイッチパネル No.18

荷姿

ベースセット 4LSET × 2缶 / ケース
e-can対応
カラーマスター (別売り) 155g×20個 / ケース

カラー

共用カラーマスター(155g×20個/ ケース)
ホワイト オフホワイト ライトグレー グレー ダークグレー
ダークブラウン ベージュ ダークアンバー ブラック ステンカラー

※色調については、色見本帳でご確認ください。

ホルムアルデヒド放散等級

  放散等級
基剤・硬化剤 JSIA-027042 F☆☆☆☆
カラーマスター JSIA-027011 F☆☆☆☆

備考

● シーリング材の厚みが薄い場合、薄層未硬化現象を起こす事があります。
● ノンブリードタイプ

SC-SD1NB

変成シリコーン系(1成分形)

窯業サイディングボード専用

長年にわたり蓄積した高分子化学技術を基に、従来の「さいでぃんクン+1」同様のサイディングボードに対する接着性・目地の動きに対する追従性や耐久性を有しつつ、目地に塗装する場合の塗膜へのノンブリード性能も考慮した製品です。

SC-SD1NB

カラーマスター検索

カタログダウンロード

SDSダウンロード

特徴

  • 1.安心の低モジュラス・応力緩和性 優れた接着性

    窯業系サイディングボードはボード自体の乾燥による収縮で目地に動きが発生します。このため、施工後時間の経過とともに目地幅が拡がります。「SC-SD1NB」は低モジュラス性と応力緩和性を有し、サイディングボードに対する接着性及び追従性を確保することで、長期間防水性能を保持します。

  • 2.塗装する場合に美観を保つノンブリード性能

    新築や経年後の改修で目地部を含めた窯業系サイディングボードに塗装する場合にも、ノンブリードタイプの「SC-SD1NB」であれば、塗膜を汚し難く長期に美観を維持します。

  • 3.安定した硬化性・作業性

    2成分形シーリング材は、硬化剤の投入忘れ、混合不良や硬化剤の搾り出し不足などによる硬化不良が発生する可能性がありました。「SC-SD1NB」は湿気硬化タイプの1成分形シーリング材のため、硬化不足の危険がなく、安心してご使用いただけます。また、従来の1成分形と異なり季節対応を実施することで、通年で良好な作業性、硬化性を実現しました。

  • 4.利便性向上(テーパー缶・共通カラー)

    1成分形のベースにカラーマスターを使用して多彩に着色することが出来ます。そのため、色毎にベース材を在庫する必要が無く、カラーマスターのみの対応となる為、在庫管理が容易です。

性状・性能

外観 基材 ペースト状
カラーマスター ペースト状
混合比
(基材:カラーマスター)
100: 3.2
貯蔵安定性・有効期限(月) 6
押出し性(秒) 仕様 低温度仕様 中温度仕様 高温度仕様
5℃ 3 3 4
23℃ 1 2 2
スランプ
(mm・50℃)
0
0
可使時間 仕様 低温度仕様 中温度仕様 高温度仕様
5℃ 10 - -
23℃ 2 11 18
35℃ - - 4
指触乾燥時間
(時間)
仕様 低温度仕様 中温度仕様 高温度仕様
23℃ 4 17 25
比重 1.18
加熱滅量(%) 7以下
引張接着性※ 条件/応力・伸び 50%引張応力 最大引張応力 最大荷重時の伸び
N/mm2 N/mm2 %
養生後 23℃ 0.14 0.14 0.07
加熱後 23℃ 0.29 0.35 0.20
水浸潰後 23℃ 450 430 610
耐候性 サンシャインウェザオメーター1000時間 異常なし

※ 被着体:N社製サイディングボード・プライマーNo.55使用

仕様 施工温度範囲の目安 製造付き目安
低温度仕様 5~20℃ 1、2、11、12
中温度仕様 10~30℃ 3、4、9、10
高温度仕様 20~35℃ 5、6、7、8

用途

窯業系サイディングボード目地及び取合い目地

  • ※ 上記以外の用途には使用不可
  • ※ 使用方法は施工手順書をご参照下さい

プライマー

SC-SD1NBの優れた性能を充分に発揮するには、適切なプライマーの使用が必要です。必ずプライマーNo.55を使用してください。

性状・性能 プライマーNo.55

容量・荷姿

基材 4L ×2/ケース

カラーマスター

カラーマスター 155g × 20ヶ / ケース
SC-SD1NB専用カラーマスターをご使用ください。