History

20年目のアイスガードは、
第7世代のヨコハマ スタッドレスタイヤ

ヒストリー

1985年、ヨコハマ初のスタッドレスタイヤ「ガーデックス」の誕生以来、ヨコハマは数多くの独自技術で
スタッドレスタイヤを進化させてきました。
「アイスガード7」は、その集大成。7世代にわたるノウハウを結集したスタッドレスタイヤです。

  • 1985

    GUARDEX

    スパイクタイヤからスタッドレスタイヤへの移行期に誕生した、アイスガードの基礎となったブランド。

  • 1993

    GUARDEX K2

    アイスバーンの増加に対応し、氷上性能をさらに向上。ガーデックスは段階的に性能を進化させ続けた。

  • 2002

    iceGUARD

    凍結路面の「水膜」を除去する吸水ゴムを開発・採用。氷上性能を革新的に向上させた。「乾いた氷は滑らない」。

  • 2008

    3x iceGUARD

    吸水バルーンの進化による氷上性能の向上に加え、さまざまな冬の路面にも対応。さらに省燃費性能も付与。

  • 2012

    iceGUARD5

    氷上性能をさらに進化させながら、氷上グリップの長期間持続も実現。「氷に効く、永く効く、燃費に効く」。

  • 2015

    iceGUARD5 PLUS

    氷上性能と省燃費性能を向上。「氷に効く、永く効く、燃費に効く」というコンセプトをさらに追求。

  • 2017

    アイスガードのさらなる進化へ

    iceGUARD6

    氷上性能を向上。アイスガードは日本の冬の変化に適応し、さらなる進化を遂げた。

  • 2021

    iceGUARD6

    ヨコハマスタッドレス史上最高の氷上性能アイスガード7誕生