ニュースリリース

横浜ゴム・「YOKOHAMAまごころ基金」が台湾東部で発生した地震の被災地に義援金を寄付

横浜ゴム(株)および横浜ゴムの従業員による社会貢献基金「YOKOHAMAまごころ基金」は3月、台湾東部の花蓮市で2月に発生した大地震の被災地に台湾赤十字社を通じ、合わせて約27万台湾ドル(日本円で約100万円相当)の義援金を寄付しました。

被災された皆様にお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

「YOKOHAMAまごころ基金」は、寄付を希望する従業員が会員となり給与から毎月1口100円を天引き積み立て、集まった資金を環境保全や人権擁護などに取り組むNPO、NGOなどへの資金援助や重大な災害への義援金として拠出することを目的に2016年5月に設立されました。横浜ゴムは同基金の資金援助や災害義援金と同額を寄付する仕組みとなっています。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。