ニュースリリース

横浜ゴム、“雨に強いヨコハマ”を訴求する新テレビCMを放映

横浜ゴム(株)はヨコハマタイヤの新テレビCMを2月1日から全国でオンエアする。同CMは横浜ゴムのWEBサイト(http://www.y-yokohama.com)やヨコハマタイヤWEBサイト(http://www.y-yokohama.com/product/tire/)で紹介するほか、YouTube(http://www.youtube.com/TheYokohamaRubber)、ニコニコチャンネル(http://ch.nicovideo.jp/yokohamarubber)などのSNSでも公開する。

新テレビCMでは国内タイヤラベリング制度のウェット性能で最高グレード「a」のタイヤを豊富にラインアップしている“雨に強いヨコハマ”を全面的にアピールする。ウェット性能「a」のメリットをわかりやすく伝えるため、雨天時の運転の危険性をはじめタイヤの性能を熟知した元F1ドライバーの片山右京氏をメッセンジャーとして起用。ウェット性能「a」と「c」の制動距離を比較した実証映像でウェット性能グレードの重要性を訴求している。

また、CMのクロージングには1月から展開を開始したYOKOHAMAの新しいムービングロゴを使用している。

横浜ゴムは雨の日でもドライバーの安全を確保するため、ウェット性能に優れたタイヤ開発を積極的に進めている。現在、グローバル・フラッグシップブランド「ADVAN」や低燃費タイヤブランド「BluEarth」を中心にウェット性能最高グレード「a」を業界最多の234サイズ獲得している(2018年1月現在)。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
CMのワンシーン

CMのワンシーン

CMムービー

CMカット