ニュースリリース

横浜ゴム、2017年度JMSアワード特別賞を受賞。長年のモータースポーツ活動が評価

横浜ゴム(株)は1月10日、日本モータースポーツ記者会(JMS)から「2017年度JMSアワード特別賞」を受賞した。タイヤメーカーとして100周年を迎えたことに加え、長年に渡ってモータースポーツ振興に貢献してきたことが高く評価された。表彰式は国際文化会館(東京都港区)で開催され、当社の山本忠治執行役員タイヤ企画本部長が出席した。

横浜ゴムは1957年、二輪レースである浅間火山レースにタイヤを提供して以来、日本のモータースポーツ黎明期から現在まで60年以上に渡って国内モータースポーツの発展を支えてきた。1980年代以降は海外にも活動の場を広げ、現在では世界各地のレースに競技用タイヤを供給している。また、供給カテゴリーもフォーミュラ、GT、ツーリングカー、ラリー、ダートトライアル、オフロード、ジムカーナ、カートまで多岐にわたり、トップレースから入門カテゴリーまでサポートできる、世界有数のタイヤメーカーの1社となっている。なお、当社のレース用タイヤの代名詞となっている「ADVAN」は、1978年に第1弾商品「ADVAN HF」を発売してから今年誕生40周年を迎えた。

JMSは1965年に発足し、レースイベントにおける記者会見への協力やJMSアワードの選定、取材環境の向上とモータースポーツの普及・啓蒙に努めている。JMSアワードは1966年から始まった歴史ある賞で、特別賞はモータースポーツ分野において特別に貢献してきた個人や企業・団体に贈られる。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
表彰盾を手にする山本忠治執行役員タイヤ企画本部長(右)とJMSの高橋二朗会長 オフィシャルタイヤサプライヤーを務める全日本スーパーフォーミュラ選手権のタイヤサービスブース
表彰盾を手にする山本忠治執行役員タイヤ企画本部長(右)とJMSの高橋二朗会長 オフィシャルタイヤサプライヤーを務める全日本スーパーフォーミュラ選手権のタイヤサービスブース
表彰盾を手にする山本忠治執行役員タイヤ企画本部長(右)とJMSの高橋二朗会長

表彰盾を手にする山本忠治執行役員タイヤ企画本部長(右)とJMSの高橋二朗会長

オフィシャルタイヤサプライヤーを務める全日本スーパーフォーミュラ選手権のタイヤサービスブース

オフィシャルタイヤサプライヤーを務める全日本スーパーフォーミュラ選手権のタイヤサービスブース