ニュースリリース

横浜ゴム、サプライチェーンによる環境対応で最高評価

横浜ゴム(株)は、CDPが1月24日に発表した「CDPサプライチェーンレポート2016/2017」で、温室効果ガス排出量削減、気候変動リスク削減においてサプライチェーン対応を行う世界的リーダー「サプライヤー・エンゲージメント・リーダー・ボード」の1社に選定された。同選定は世界3,300社以上を対象とした調査に基づいており、「サプライヤー・エンゲージメント・リーダー・ボード」に選ばれたのは29社(日本では8社)だった。

CDPはロンドンに本部を置く世界的なNPO。投資家を代表して世界の主要企業に対し温室効果ガス排出量削減、気候変動対応、水管理情報の提供を求め、その評価、公開を行っている。「サプライヤー・エンゲージメント・リーダー・ボード」の選定は「CDPサプライチェーンレポート2016/2017」から初めて行われた。

横浜ゴムは中期経営計画「グランドデザイン100」の基本方針に「トップレベルの環境貢献企業になる」ことを掲げ、原料調達先などを中心にサプライチェーンを重視した温室効果ガス排出量削減、気候変動対応などを推進している。CDPによる評価では、2016年にも気候変動対応に優れる世界的リーダーとして「気候変動Aリスト」に認定されている。「気候変動Aリスト」に認定されたのは世界193社(日本では22社)だった。

「サプライヤー・エンゲージメント・リーダー・ボード」のロゴマーク

「サプライヤー・エンゲージメント・リーダー・ボード」のロゴマーク