ニュースリリース

横浜ゴム、「YOKOHAMA A008P」復活を発表

ジュネーブモーターショーにプロトタイプを参考出展

横浜ゴム(株)は、当社の歴史的代表商品のひとつである「YOKOHAMA A008P」の復活を2017年3月7日からスイス・ジュネーブで開催されている「第87回ジュネーブモーターショー」※のプレスカンファレンスにおいて発表した。発売サイズは205/55ZR16 91W と245/45ZR16 94Wの2サイズ。発売は2017年秋を予定しており、欧州以外での発売は現段階では未定。また、当社は2017年1月にヒストリックカー向けタイヤ「ADVAN HF Type D」復活の発表も行っている。

「YOKOHAMA A008P」は、1989年に初めてポルシェ社の技術認証を取得しポルシェ社のスポーツモデル911 タイプ964に新車装着され、現在のフラッグシップ商品である「ADVAN Sport V105」まで続くポルシェ社の車両への新車装着のきっかけとなり、日本のみならず、海外に対して「YOKOHAMA」の名を広めた当社における歴史的代表商品のひとつである。

また「第87回ジュネーブモーターショー」の横浜ゴムブースにおいて、今回復活を発表した「YOKOHAMA A008P」のプロトタイプを参考出展している。本参考出展は、ポルシェ社の協力により、ポルシェミュージアム保管展示車両である1989年製 Porsche911 930 Turbo Cabrioletに装着し、展示している。

※:3月7日~8日はプレスデー、9日~19日は一般公開日として開催。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
「YOKOHAMA A008P(左:フロント、右:リア)」

「YOKOHAMA A008P(左:フロント、右:リア)」