ニュースリリース

PRGR「RSユーティリティ」新発売

ギリギリの高初速で飛ばす・狙える

横浜ゴム(株)の子会社(株)プロギアは、アスリートゴルファーやこれから上達を目指すゴルファーに応えるPRGR(プロギア)の「RS(アールエス)」シリーズから、新ユーティリティ「RSユーティリティ」を8月26日から発売する。番手は「#3」「#4」「#5」「#6」、シャフトはヘッドスピード別にカーボンシャフトで「M-46」「M-43」「M-40」「M-37」「M-34」「M-30」(「M-34」「M-30」は数量限定)、オリジナルスチールシャフト「スペックスチールⅢ Ver.2」で「M-46」「M-43」「M-40」の9種類を用意した。価格はカーボンシャフトモデルが各1本33,000円+税、「スペックスチールⅢ Ver.2」モデルが各1本30,000円+税。

「RSユーティリティ」は優れた反発性能と広い高初速エリアで飛ばし、狙っていけるユーティリティ。「RS」シリーズのドライバー同様、クラウンとフェースの境界部分のフランジに角度をつけ、フランジをたわませることでフェースのたわみも拡大し反発係数を大幅に高める「Wクラウン設計※1」を採用。さらに偏肉薄肉フェースと薄肉ソールにより高初速エリア拡大と下打点のヒットでも飛距離ロスを小さくしている。このほか、トゥヒール、フェースバック方向にラウンドを付けながらソールバックにも段差を付け、芝との接地を小さく抑えた「NEWスライディングソール」により抜けの良さを追求。ディープフェースとクラウンを0.6㎜まで薄肉化した低重心設計でボールも上がりやすく打ち込んでいける。シャフトは手元をやや高剛性にして先端にかけてスムーズなしなりで走る設計に仕上げている。
※1:特許出願中

「RS」シリーズは従来品「iD nabla RS」シリーズより“さらに、飛ぶ”“さらに、やさしい”をコンセプトに高初速をギリギリまで追求した新クラブシリーズ。「RSユーティリティ」のほか、ギリギリ設計の高初速性能で飛ばすドローが打ちやすい「RSドライバー」、フェードが打ちやすい「RSドライバーF」「RSフェアウェイウッド」「RS TITAN FACE IRON」「RS FORGED IRON」を同時にラインアップする。このほかスピン系高性能ゴルフボール「RS SPIN」や、PRGR契約ツアープロ使用の「RSキャディバッグ」も用意する。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
RSユーティリティ

RSユーティリティ

クラブ設計の特長

「RSユーティリティ」のスペック
オリジナルカーボンシャフトモデル

スペックスチールⅢ Ver.2モデル

※SLEルール適合品
※価格:<オリジナルカーボンシャフトモデル> 1本33,000円+税
    <スペックスチールⅢ Ver.2モデル> 1本30,000円+税
※素材:ボディ:ステンレス(SUS630)/フェース:マレージング鋼(ES235)
※製法:ボディ:精密鋳造/フェース:圧延
※オリジナルヘッドカバー付き(Made in CHINA)
※原産国:Made in CHINA、Made in JAPAN