ニュースリリース

横浜ゴム、従業員による社会貢献基金「YOKOHAMAまごころ基金」を設立

横浜ゴム(株)は、従業員による社会貢献基金「YOKOHAMAまごころ基金」を2016年5月に設立した。同基金は寄付を希望する従業員が会員となり、給与から毎月1口100円を天引きして積み立て、集まった資金を使って環境保全や人権擁護などの様々な社会的課題の解決に取り組むNPO、NGOなどの団体に資金援助を行うほか、重大な災害が発生した際には迅速に義援金を拠出する。また、横浜ゴムでは同基金が行う団体への資金援助や災害義援金と同額を寄付するマッチングギフト※を行う。

従業員による社会貢献基金の設立は、横浜ゴムが昨年、従業員を対象に実施したアンケートで賛同が多くあったことから決定した。同基金では、支援団体や義援金の拠出先は会員が合議により決定することから、従業員の社会貢献に対する視野を広げ、社会との接点を増やしていくことを活動の目的のひとつとしている。なお、1回目の支援実施は2016年9月を目指している。
※マッチングギフト:おもに従業員などが社会貢献を目的とした寄付や義援金を拠出した際に、企業がその寄付金に一定額、または同額を上乗せして寄付金を拠出する仕組み。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。