事業内容

 

最終更新日:2017年3月2日

横浜ゴムの主力事業はタイヤです。2016年度の売上高は5,962億円でしたが、そのうちタイヤ事業が4,506億円で75.6%を占めています。

また、タイヤで培ったゴム高分子技術をベースに、ホース配管、シーリング材・接着剤、工業資材、航空部品、ゴルフ用品などのビジネスも展開しています。ホース配管、シーリング材、コンベヤベルト、ゴム支承、マリンホース、防舷材、航空部品などを含むMB事業の売上高は1,121億円で、総売上高の18.8%を占めています。

なお、2016年7月に買収を完了したAlliance Tire Group B.V.の業績を「ATG」として報告しています。2016年度は7月1日から12月31日までの業績を反映しています。

タイヤ

主要商品

乗用車用、トラック・バス用、ライトトラック用、建設車両用、産業車両用、アルミホイールなど

乗用車用タイヤ

フラッグシップタイヤブランド「ADVAN」、低燃費タイヤブランド「BluEarth」、ウインタータイヤブランド「iceGUARD」、SUV用タイヤブランド「GEOLANDAR」の4つのグローバルブランドの世界販売を拡大し、ハイパフォーマンス=YOKOHAMAのイメージの確立、浸透を進めています。

トラック・バス用タイヤ

小型トラック用から大型トレーラー用タイヤまで幅広い商品を世界各地で販売しています。また、環境性能やリトレッド性能を高めた商品や超偏平タイヤなど高付加価値商品を積極的に展開し、市場での優位性を確立しています。2015年下期には米国ミシシッピ州でトラック・バス用新タイヤ工場が稼動を開始しました。

建設車両用タイヤ

日本に専用工場を有し、高品質な建設車両用(OR)タイヤを生産しています。すでに発売中の49インチ、51インチラジアルタイヤに加え、57インチラジアルタイヤの開発も進めています。また、中国のORタイヤメーカーと提携して技術供与およびオフテイクを行っており、生産能力増強を進めています。

モータースポーツ活動

YOKOHAMAの認知度とブランド力向上のため、トップレースからローカルレースまで幅広くサポートしています。2016年からはアジア最高峰のフォーミュラレースである全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズに「ADVAN」レーシングタイヤをワンメイク供給しています。

MB

主要商品

ホース配管、シーリング材、接着剤、コンベヤベルト、ゴム支承、マリンホース、空気式防舷材、航空部品など

ホース配管

国内外で自動車や建設機械、各種工作機器向けの高圧ホースおよび金属継手を生産販売しています。建設機械用ホースは国内で高い信頼を獲得しており、米国では北米子会社であるヨコハマ・インダストリーズ・アメリカズが自動車用パワーステアリング用ホースで高いシェアを占めています。

工業資材

マリンホースや防舷材などの海洋商品、コンベヤベルト、橋梁用ゴム支承、ハイウェイジョイントなどを展開しています。海洋商品では空気式防舷材、マリンホースが非常に高いシェアを誇り、世界的に高く評価されています。

ハマタイト・電材

各種シーリング材、接着剤を「ハマタイト」ブランドとして販売しているほか、コーティング剤などを開発しています。建築用シーリング材、自動車窓枠用シーリング材では国内で高いシェアを獲得しています。近年は成長市場である電子・電機分野向けの商品開発にも注力し、スマートフォンやLED製品向けなどの販売を強化しています。

航空部品

航空機向けを中心に化粧室ユニット、飲料水タンク、軽量構造材などを開発しており、防衛省や世界の民間航空機メーカーなどへ販売しています。

その他

PRGRブランドの各種ゴルフ用品を販売しています。日本国内をはじめ韓国、中国、台湾、東南アジアでの販売活動も強化しています。

トップへ