PhaseⅢのテーマ・位置づけ

PhaseⅢのテーマ・位置づけ

テーマは「強くしなやかな成長」

現在の外部環境は欧州債務危機の世界経済への波及が懸念される一方、新興国では中期的に成長の継続が予測されます。また、日本では円高による輸出低迷が懸念されますが、震災復興需要によるGDPの押し上げ効果も期待されています。一方、Phase Ⅱまでに顕在化した当社の課題は、世界的な需要拡大に対するタイヤの供給不足、MB事業での事業規模における成長不足が上げられます。こうした外部環境と課題を踏まえ、Phase Ⅲでは事業基盤をより強固にしつつ外部環境の変化にも柔軟に対応し、Phase Ⅳ 以降の飛躍に向けた足場を築き上げる計画です。こうした狙いからPhase Ⅲのテーマは、「強くしなやかな成長」としました。

PhaseⅢの位置付け

PhaseⅡでは「筋肉質な企業体質」を確立

現在の外部環境は欧州債務危機の世界経済への波及が懸念される一方、新興国では中期的に成長の継続が予測されます。また、日本では円高による輸出低迷が懸念されますが、震災復興需要によるGDPの押し上げ効果も期待されています。一方、PhaseⅡまでに顕在化した当社の課題は、世界的な需要拡大に対するタイヤの供給不足、MB事業での事業規模における成長不足が上げられます。こうした外部環境と課題を踏まえ、Phase Ⅲでは事業基盤をより強固にしつつ外部環境の変化にも柔軟に対応し、Phase Ⅳ 以降の飛躍に向けた足場を築き上げる計画です。こうした狙いからPhase Ⅲのテーマは、「強くしなやかな成長」としました。

PhaseⅡ定量目標の達成度

PhaseⅡは定量目標として2011年度に売上高5,500億円、営業利益385億円、営業利益率7.0%を掲げました。2011年度を変則9ヶ月決算に変更したため参考数値となりますが、2011年1月から12月の実績で比較すると、売上高は5,578億円で目標を上回りましたが、営業利益は268億円、営業利益率は4.8%となり目標を下回りました。

トップへ